住宅用不動産では、利便性、また商業地域が近いかどうかなどがポイントになります

住宅を新築するために不動産を探す場合、大きな地域を決めて、その中から対象となる土地の区画をみることになります。
地域を決めるポイントとして、最も大きいのは利便性です。
公共交通機関があるかどうかが重要な判断材料となります。

「住宅用不動産では、利便性、また商業地域が近いかどうかなどがポイントになります」の続きを読む

カテゴリー:不動産

親が死亡したにもかかわらず子供が親の年金を受け取っていた件

65歳以上になると、加入していた年金の種類に応じて、月あたりの一定金額を受け取ることができるものが年金です。
そして、受給者が死亡すれば、親族が受給者の死亡届を出して、受給をストップするのが通例となっています。

「親が死亡したにもかかわらず子供が親の年金を受け取っていた件」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金番号は一生変わりません

消えた年金として一時期世間を賑わせていた年金問題ですが、その原因は統一されていない年金番号にありました。
厚生年金、国民年金、共済年金など、それぞれ番号が違い、転職などをするとそれで番号が変わり、管理が非常に複雑となっていたのです。

「年金番号は一生変わりません」の続きを読む

カテゴリー:年金

60歳以降に勤めを継続する際にかかわる在職老齢年金の注意点

在職老齢年金とは、60歳を過ぎた時に労働による収入を得た場合に、そうして働きながら得た収入と年金の合計金額が一定以上になった時に、年金の額の方が全額もしくは一部減額される制度のこと自体、またはそのような形で受給したお金のことを指します。

「60歳以降に勤めを継続する際にかかわる在職老齢年金の注意点」の続きを読む

カテゴリー:年金

遺族厚生年金も大切です

急に一家の大黒柱が他界してしまった時、残された家族は精神的なショックと、その後の生活についてとても不安になります。
生命保険に加入していたら、少々の金額は一時金で入ってきますが、それでも不安はつきないでしょう。

「遺族厚生年金も大切です」の続きを読む

カテゴリー:年金

障害厚生年金の支給要件について

厚生年金の保険給付には、老齢厚生年金、障害厚生年金、遺族厚生年金などがあります。
そのうち、障害厚生年金について説明します。

「障害厚生年金の支給要件について」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金収入を少しでも多くする方法

国民年金は、現在のところ20歳から60歳になるまで保険料を支払って、65歳になってから受給する権利が発生する制度です。
保険料は、現在毎月14,980円です。
65歳からの受給で、年間786,500円が受け取れます。

「年金収入を少しでも多くする方法」の続きを読む

カテゴリー:年金

家庭を持つ時にプラスとなる加給年金の基礎知識

厚生年金には、ベースとなって各個人の老後に対して支給される、老齢年金と呼ばれる部分があります。
これは、民間の労働機関に属している間に、給料の一部を保険料として納付する行為を所定期間行った時、老後の受給が認められるお金です。

「家庭を持つ時にプラスとなる加給年金の基礎知識」の続きを読む

カテゴリー:年金

障害基礎年金の受給要件

国民年金の保険給付には、老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金などがあります。
このうち、障害基礎年金について説明します。

「障害基礎年金の受給要件」の続きを読む

カテゴリー:年金

国民年金の未納者の状況と対応

国民年金は、満20歳以上の国民が加入する義務があります。
加入の義務の必要な人は、一般企業に加入する社会保険の適用から外れた20歳以上の国民です。

「国民年金の未納者の状況と対応」の続きを読む

カテゴリー:年金

このページの先頭へ