契約期間が短くてもクーリングオフできる新聞購読の契約

朝刊や夕刊などは、駅などで買うこともできますが、配達してもらうととても便利です。
そのため、勧誘の人が来た場合に契約をすることも多いものですが、契約期間が決まっている場合、契約が切れる頃になるといろいろなところから勧誘が家にくることがあり、なかなか断ることができなくて、つい契約をしてしまうこともありますが、一度契約をしてしまっても、必要ないという場合にはクーリングオフをして新聞の契約を解消することもできます。

「契約期間が短くてもクーリングオフできる新聞購読の契約」の続きを読む

カテゴリー:クーリングオフ

通販で返品についての記載がされていない場合、クーリングオフの制度を準用して、商品到着後から8日以内の返品が可能です。

クーリングオフの制度は、売り手が優位な立場にあるとされる訪問販売や電話勧誘販売に適用されるものです。
それでは、今、市場の一翼を担っている通販、いわゆる通信販売では、クーリングオフは適用されるのでしょうか。

「通販で返品についての記載がされていない場合、クーリングオフの制度を準用して、商品到着後から8日以内の返品が可能です。」の続きを読む

カテゴリー:クーリングオフ

かつて貸金業だった株式会社マルフクへの過払い金返還請求

株式会社マルフクは、1958年に大阪府にて創業された、消費者や事業者を対象に金銭を貸し付け融資を行う貸金業の会社でした。
2009年に貸金業登録の廃業を行ったため、会社自体は存在するものの現在は廃業し、貸金業登録業者ではなくなりました。

「かつて貸金業だった株式会社マルフクへの過払い金返還請求」の続きを読む

カテゴリー:過払い

大手信販会社クレディセゾンへの過払い金返還請求

みずほ銀行が主要な株主となっている大手信販会社の株式会社クレディセゾンは、過払い請求に対する対応が比較的良く、スムーズに返還してくれるケースが多い会社として知られています。

「大手信販会社クレディセゾンへの過払い金返還請求」の続きを読む

カテゴリー:過払い

過払い請求の相談をする際、名古屋市内には80件近くの弁護士事務所や司法書士事務所が存在

消費者金融業者に払い過ぎたお金を過払金と言います。
放っておいては戻ってこないものの、どうしたら良いか分からないと言う方が多いのではないでしょうか。

「過払い請求の相談をする際、名古屋市内には80件近くの弁護士事務所や司法書士事務所が存在」の続きを読む

カテゴリー:過払い

セディナに吸収合併されたクオークの過払いの現状

株式会社クオーク(QUOQ Inc.) は1999年、両社とも当時の住友銀行のグループ会社だった東京総合信用株式会社と日本総合信用株式会社が合併し商号を変更して発足した日本の信販会社でした。

「セディナに吸収合併されたクオークの過払いの現状」の続きを読む

カテゴリー:過払い

CFJの過払い金返金請求への支払い対応時期は、2013年現在、和解成立から2ヶ月程度とされています

アメリカ合衆国の金融大手シティグループの傘下の大手消費者金融会社であるシティファイナンシャルの日本法人であるCFJ(シーエフジェー)合同会社は、2003年当時、シティグループが資本参加していた消費者金融会社ディックファイナンス株式会社、アイク株式会社、株式会社ユニマットライフの3社が合併して誕生しました。

「CFJの過払い金返金請求への支払い対応時期は、2013年現在、和解成立から2ヶ月程度とされています」の続きを読む

カテゴリー:過払い

大阪には、過払い金に関する相談が出来る司法書士が、数多く存在しています。

司法書士という資格をご存じでしょうか。
国家資格の一つで、その仕事は登記や訴訟に関しての手続きや書類作成を依頼人に代わって行うことで、言わばその道のプロだと言えます。
日本経済の低迷で、様々な会社が打撃を受けています。

「大阪には、過払い金に関する相談が出来る司法書士が、数多く存在しています。」の続きを読む

カテゴリー:過払い

富山の法律事務所の過払い金請求における報酬は、経済的利益が発生しなければ成功報酬も発生しないことが多い

一口に利息の過払い金といっても、その金額は各々の状況によってまちまちです。
借金の額、支払った期間、支払った利息の利率から、およその過払い金が計算できるでしょう。
しかし、この支払い過ぎたお金を業者に返してもらうには、個人で交渉して成功する確率はまだまだ低いと言わざるを得ない状況なので、法律事務所の助けが必要です。

「富山の法律事務所の過払い金請求における報酬は、経済的利益が発生しなければ成功報酬も発生しないことが多い」の続きを読む

カテゴリー:過払い

民事再生法における監査委員とはどのような役割でしょうか。

民事再生法における監査委員とはどのような役割でしょうか。
監督委員とは、再生法手続が適正に進められるよう、その会社の業務や財産の処分状況を監督する役割をもちます。
監督委員は、裁判所により選任されます。

「民事再生法における監査委員とはどのような役割でしょうか。」の続きを読む

カテゴリー:民事再生

このページの先頭へ