過払い請求で生じるデメリット

大手の消費者金融は、出資法が定める約29パーセントの金利を設定していました。
消費者金融の多くが、個人に対して融資の上限が50万円ほどの小口の貸付を行なっていましたが、元本が10万円以上で100万円未満の場合の利息制限法の上限は、金利18パーセントと定められており、大幅に上回る利率を設定していたということになります。

「過払い請求で生じるデメリット」の続きを読む

カテゴリー:過払い

過払い金請求はプロの法律家へ

今日のように景気が低迷し、会社の倒産やリストラ等の理由でローンの返済に困り、つい複数の金融機関や消費者金融で高金利ローンを組んでしまい、毎月の支払いが自分の収入を上回るなど、過重債務に陥っている人も多いのではないでしょうか。
そうした方にぜひオススメしたいのが、過払い金請求です。

「過払い金請求はプロの法律家へ」の続きを読む

カテゴリー:過払い

過払い金の返還請求を行う人は増えています

大手の消費者金融の会社の多くは、年29パーセント以上という利息を設定していました。
利息制限法の上限は、元本が50万円の場合には18パーセントとなっているため、大きく超えていたということになります。

「過払い金の返還請求を行う人は増えています」の続きを読む

カテゴリー:過払い

DVの概要と慰謝料の相場

DVはドメスティックバイオレンスともいい、配偶者やパートナーに対して奮う家庭内暴力のことです。

「DVの概要と慰謝料の相場」の続きを読む

カテゴリー:慰謝料

パワハラで慰謝料がとれる条件

パワハラとは、パワー・ハラスメントの略称です。
つまり、「上司という立場や権威を利用した上で行う嫌がらせ」のことで、上司が部下を理不尽に扱ったり、仕事に関係のない人格を否定するような罵声を浴びせるというような行為が該当します。

「パワハラで慰謝料がとれる条件」の続きを読む

カテゴリー:慰謝料

モラルハラスメント離婚慰謝料は取れるのか

モラルハラスメント、いわゆるモラハラといわれる行為をご存知でしょうか。
言葉や態度により巧妙に相手を傷つけていく静止点的な虐待や暴力のことを言い、近年、肉体的暴力と同様に離婚の理由として挙げられることが多くなっています。

「モラルハラスメント離婚慰謝料は取れるのか」の続きを読む

カテゴリー:慰謝料

婚約破棄の慰謝料に関する判例

慰謝料とは、精神的苦痛を受けたことに対する被害弁償金で、婚姻中の暴力や不貞行為はもちろん、婚約破棄の場合でも請求することができます。
ただし、相互に納得して破棄した場合には、精神的苦痛を受けたとは認められません。

「婚約破棄の慰謝料に関する判例」の続きを読む

カテゴリー:慰謝料

婚約破棄の際の慰謝料請求について

婚約は、法的には婚姻契約の予約のことです。
婚約が成立した場合には、将来当事者は婚姻するように努める義務を負うことになります。

「婚約破棄の際の慰謝料請求について」の続きを読む

カテゴリー:慰謝料

熟年離婚で慰謝料請求される理由

長年連れ添っている夫婦が、熟年になって急に離婚するケースが増えています。
そのきっかけとなるのが子供の自立です。
つまり、何年も前から夫婦の間では危機的状況にあったのに、子供のために我慢していたというケースが多いのです。

「熟年離婚で慰謝料請求される理由」の続きを読む

カテゴリー:慰謝料

慰謝料請求と損害賠償請求の違いとは

慰謝料請求と損害賠償請求は同じような意味で使われることが多いので、同じであると勘違いしてしまう方が多くいます。
しかし、厳密にいうとこの2つには違いがあります。

「慰謝料請求と損害賠償請求の違いとは」の続きを読む

カテゴリー:慰謝料

このページの先頭へ