就業規則における人事関係の規定

就業規則とは、事業場に常時10名以上の労働者を使用する場合に作成しなければならないもので、労働者の代表からの意見書を添えて、所轄の労働基準監督署長へ提出することが労働基準法で義務とされています。

「就業規則における人事関係の規定」の続きを読む

カテゴリー:人事労務

労使双方に重要な2つの保険法による労働保険

労働保険は、労災保険と雇用保険とに分ける事が出来ます。
また、どちらも1人でも雇用していれば加入させなければならない保険です。

「労使双方に重要な2つの保険法による労働保険」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

商標を検索する時の記号には特殊なものがあります

新しく企業名や商品・サービス名等を商標登録申請する際に、他社が登録していないかどうかを前もって調べる事の出来るIPDL特許電子図書館では、登録されているデータの検索を行う時、システム上表現出来ないマークを表現する為に、様々な特殊記号が使用されています。

「商標を検索する時の記号には特殊なものがあります」の続きを読む

カテゴリー:商標

安心して働く為の労働保険と社会保険

労働保険は労災保険と雇用保険の事を指し、社会保険は健康保険と厚生年金保険の事を指しますが、いずれも働いている人にとって大切な保険です。
労働基準法では、労働者が業務上の災害により怪我をしたり、あるいは業務が原因で病気にかかった場合は、使用者にその療養費の負担を義務付けています。

「安心して働く為の労働保険と社会保険」の続きを読む

カテゴリー:労働保険

図形商標の検索の方法

図形商標とは、図形という名前でも記号の組み合わせが中心である記号商標と違い自由度が高いという特徴があります。
その為、シンボルマークの他にキャラクター等のイラストもそれにあたり膨大な量がありますが、IPDL特許電子図書館において検索する事が可能です。

「図形商標の検索の方法」の続きを読む

カテゴリー:商標

現在は海外でしか認められない商標の形式

日本で現在認められている商標は大きく4種類あり、文字を利用したもの、図形のみを利用したもの、記号を利用したもの、キャラクターの立像や容器の形状などの立体のもので、どれも形状のあるものです。
しかし、海外には日本では認められていないものの商標があります。

「現在は海外でしか認められない商標の形式」の続きを読む

カテゴリー:商標

商品商標と役務商標の違いと役割

商標は、商品に付けられるものと役務やサービスに付けられるものに分けられます。
商品とは、有体物である事が一つ目の条件です。
有体物とは目に見えて触れるもので、例えば電気は一般的には有体物ではありませんが、電池という中に入る事で有体物になります。

「商品商標と役務商標の違いと役割」の続きを読む

カテゴリー:商標

韓国の商標の用途と構成について

一昔前までは近くて遠い国と言われ、それほど交流が活発ではなかった日韓関係にあっても、経済分野での結びつきは強く、韓国への日本からの商標出願数は2009年のデータでは世界で2位となっています。
韓国の商標は種類が日本より細かく、用途と構成で分かれています。

「韓国の商標の用途と構成について」の続きを読む

カテゴリー:商標

特許電子図書館での商標検索の使い方

新しく起業をして会社名を付ける場合、商号としての会社名はある程度自由に付ける事が出来ますが、他社が同じ名前を使っており、これが商標登録されている場合には、特に同じ業務内容だと問題となる事があります。

「特許電子図書館での商標検索の使い方」の続きを読む

カテゴリー:商標

任意整理の手続きと無料相談を行なっている事務所

任意整理とは、多重債務に陥った場合などに行う債務整理の手段の一つで、原則として裁判所といった公的機関を利用せずに、私的に債権者と交渉して返済額の減額や今後の利息のカット等で債務を圧縮する方法です。

「任意整理の手続きと無料相談を行なっている事務所」の続きを読む

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ