日本に居住する20歳以上60歳未満の国民は、原則として国民年金に加入することとなります

日本国内に居住している20歳以上60歳未満の国民は、国民年金の被保険者になります。20歳になると学生や厚生、共済年金の加入者などを除き、第1号の加入手続きが必要です。
この手続きは市役所や区役所、町村役場で行います。

「日本に居住する20歳以上60歳未満の国民は、原則として国民年金に加入することとなります」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金制度はフリーランスの人に向けては他の制度の活用で老後に必要な金額を確保することが出来ます

日本の国民年金制度では、20歳から60歳までの最大40年間保険料を納めた人に満額の老齢基礎年金が支払われるようになっており、満額は物価や賃金の変動に応じて年度ごとに改定されることになっています。

「年金制度はフリーランスの人に向けては他の制度の活用で老後に必要な金額を確保することが出来ます」の続きを読む

カテゴリー:年金

社会保険とは公的な社会保障制度で、雇用保険、労災保険、年金保険、医療保険、介護保険の5種類が挙げられます

社会保険とは社会保障の分野の一つを言い、国民が生活する上での病気、高齢化、失業、労働災害といったリスクに備えて事前に保険へ加入することによって、事故が起きた場合に現金などを給付することで生活を保障する仕組みとなっています。

「社会保険とは公的な社会保障制度で、雇用保険、労災保険、年金保険、医療保険、介護保険の5種類が挙げられます」の続きを読む

カテゴリー:年金

国民年金保険料には免除制度があり、一定の要件を満たすと全額から4分の1が免除されます

65歳以上からもらえる年金は色々な問題が取りざたされていますが、毎年定期的かつ継続的に給付される金銭のことを指します。

「国民年金保険料には免除制度があり、一定の要件を満たすと全額から4分の1が免除されます」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金とは、毎年定期的、継続的に支払われ、日本の制度では3階建ての構成になっています

年金とは、毎年定期的、継続的に給付されるもので、制度の運営方法によって、公的年金と私的年金に分けられます。
日本の年金制度は3階建てになっており、1階部分が公的にあたる最低限の補償を行う「国民年金」で、2階部分が「厚生年金」と「共済年金」となっています。

「年金とは、毎年定期的、継続的に支払われ、日本の制度では3階建ての構成になっています」の続きを読む

カテゴリー:年金

台湾で製品を製造販売するには台湾特許制度の概略を知る必要があります

台湾は、かつて日本が統治していた時代がありました。
その時代の評価は肯定的で日本に好意的な世代も多く、現在も官民間の交流が続いています。日本企業の中にも台湾で事業を展開したり、子会社や合弁企業の設立などで進出する企業が増え、中小企業庁でもその支援策を講じています。

「台湾で製品を製造販売するには台湾特許制度の概略を知る必要があります」の続きを読む

カテゴリー:特許

無料のものから有料のものまである特許管理ソフト

特許出願のデータ管理などを行うための特許管理ソフトは、無料のものから有料のものまで様々あります。和気国際特許事務所で開発・利用している「PatentDB」は、特許から実用、意匠や商標、外国出願の管理などが出来るフリーソフトです。

「無料のものから有料のものまである特許管理ソフト」の続きを読む

カテゴリー:特許

韓国への特許出願については弁理士への相談をすることをお勧めします

日本から韓国への特許出願は、2008年のデータで全出願の1割、外国からの出願の4割と、日本からの出願は国別の出願数で1位を占めています。
その数字が示すように、こうした出願へのニーズは高まっています。

「韓国への特許出願については弁理士への相談をすることをお勧めします」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許とは発明者に公開の代償として一定の間その発明を独占的に使用する権利を与えること

特許とは、有用な発明をした発明者に対しその発明を公開する代償として、一定の期間その発明を独占的に使用できる権利を国が付与することを言います。
この権利を特許権と呼び、これは形のない無体物である発明に、排他的支配権というものを保持させることから知的財産権の一つとされています。

「特許とは発明者に公開の代償として一定の間その発明を独占的に使用する権利を与えること」の続きを読む

カテゴリー:特許

早口言葉で有名な東京特許許可局は実際にはありません

東京特許許可局というのは早口言葉で有名ですが、実在しないばかりか、特許は「許可」とは言わずに「付与」と言うのが一般的です。
東京には、特許や実用新案、意匠や商標など、特許庁における手続きの業務を行う弁理士の特許事務所が多くあります。

「早口言葉で有名な東京特許許可局は実際にはありません」の続きを読む

カテゴリー:特許

このページの先頭へ