特許翻訳は英語力だけでなく法律知識や技術分野などの教養を同時に必要とします

特許翻訳とは、一般的に特許明細書の翻訳の事を指し、英語力だけでなく法律知識や技術分野などの教養を同時に必要とします。特許明細書は発明・技術の内容が掛かれた技術文書でありながら、発明の権利範囲を決定する為の法律文書でもあるので、意訳せずに原文に忠実に翻訳する能力が肝心です。

「特許翻訳は英語力だけでなく法律知識や技術分野などの教養を同時に必要とします」の続きを読む

カテゴリー:特許

自宅建物を新築した場合には不動産登記の手続きが複雑です

念願のマイホームを手に入れ、家族の溢れる笑顔に喜びも倍に感じられることでしょう。
土地も一緒に購入してその土地に新築の建物を建てる場合、また、親の所有名義の土地に建物だけ自分名義で建てたり、あるいは中古物件を手に入れるなど、マイホームの取得にも様々なケースがあります。

「自宅建物を新築した場合には不動産登記の手続きが複雑です」の続きを読む

カテゴリー:登記

住宅の相続を受けた場合に行う登記は後でトラブルを起こさないためにも早めに行った方が良いでしょう

家が相続財産となる場合においては、遺産を受け取る権利を持つ人が複数人であったとしても、それらの人が全てこの家に住んでいるという場合は稀です。
一般的に言えば、兄弟が居る場合には長男が家を継ぐといった考え方から、一戸建ての家だとすればこの住宅には長男の家族が住んでいるといったケースが多いでしょう。

「住宅の相続を受けた場合に行う登記は後でトラブルを起こさないためにも早めに行った方が良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:相続

埼玉で相続のための遺言作成サポートなどを行う弁護士・行政書士事務所

首都圏からの通勤圏内である埼玉県で、土地や資産などの財産を家族に上手に遺したいと思っている人は、弁護士や行政書士に相続の際の遺言作成を依頼すると、もしもの時にもスムーズに遺産の承継を行うことが出来ます。

「埼玉で相続のための遺言作成サポートなどを行う弁護士・行政書士事務所」の続きを読む

カテゴリー:相続

遺言書の作成サポートなどの相続関連業務を行う東京の弁護士事務所

自分にもしものことがあった時、遺言書などが無かった場合には特に、家族間で遺産をめぐって争いが生まれることが予想されます。
遺言書の作成は縁起が悪いと思っている人もいますが、大切な家族に遺す財産を自身で決めたいという場合には、遺言を作成するメリットは大きいです。

「遺言書の作成サポートなどの相続関連業務を行う東京の弁護士事務所」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続問題に関して相談できる大阪の司法書士事務所

身近な家族や親族を亡くした時、お葬式などの準備に追われて落ち着かないものですが、後々残された親族間でトラブルになり、関係が悪くなってしまいがちなのが遺産についての争いです。この相続の対象となる財産としては、預貯金はもちろん各種の有価証券、車や不動産などがあり、多くの場合は手続きが必要になります。

「相続問題に関して相談できる大阪の司法書士事務所」の続きを読む

カテゴリー:相続

2ちゃんねるなどをはじめとしたネット上での誹謗中傷に対処するための訴訟

様々な情報が寄せられるネット掲示板である2ちゃんねるですが、殺害予告が行われた事がニュースなどでも報道されていることから、実際に書き込んだり、閲覧経験の無い人でも知られています。

「2ちゃんねるなどをはじめとしたネット上での誹謗中傷に対処するための訴訟」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

京都周辺で自己破産について相談するなら弁護士事務所にしましょう

社会問題となっている多重債務の解決には債務整理を行うことが有効ですが、債務整理には、任意整理と個人民事再生、自己破産の大きく分けて3種類があります。

「京都周辺で自己破産について相談するなら弁護士事務所にしましょう」の続きを読む

カテゴリー:自己破産

自己破産に必要な弁護士費用は実費で20万から40万円

借金問題など自分には関係ないと思っていても、突然の事故や病気、あるいは会社の倒産などは誰にでも起こり得ます。その収入減を補う為にやむを得ず借金したものの返済が追い着かず、更にまた別の業者から借入れを繰り返した結果、雪だるま式に借金が膨らんで多重債務に陥ることはよくあるパターンです。

「自己破産に必要な弁護士費用は実費で20万から40万円」の続きを読む

カテゴリー:自己破産

自己破産の時に助けとなる横浜の弁護士事務所

自己破産は、裁判所に申立てた上で免責を得ることによって、借金の返済義務の免除が受けられる債務整理の一つですが、この免責を得るには条件があります。
その条件とは、借金の理由がギャンブルや浪費といったものではないという事で、こうした理由のことを免責不許可事由と呼び、名前通りに免責の下りない原因の一つです。

「自己破産の時に助けとなる横浜の弁護士事務所」の続きを読む

カテゴリー:自己破産

このページの先頭へ