債務整理の一つに数えられる任意整理は法律事務所の弁護士に頼みましょう

日本には200~300万人もの人が借金問題を抱えていると言われており、その解決の糸口となる方法が債務整理の一つである任意整理です。
これは、できるだけ借金を返したいけれど利息分までは返済が難しい人にお勧めの手続きで、話し合いで借金の減額ができます。

「債務整理の一つに数えられる任意整理は法律事務所の弁護士に頼みましょう」の続きを読む

カテゴリー:任意整理

任意整理と個人民事再生の債務返済を続けるものと、返済義務を免除される自己破産があります

複数の貸金業者から借金をしてしまい、返済能力を超えた債務を抱えてしまう多重債務に陥った場合には、債務整理を行うのが生活再建の近道です。その方法の一つに任意整理があり、貸金業者と話し合いを行い合意を得ることで利息のカットなどに応じてもらい、この合意に基づいた方法で借金を返済していく方法となります。

「任意整理と個人民事再生の債務返済を続けるものと、返済義務を免除される自己破産があります」の続きを読む

カテゴリー:任意整理

借金を整理する方法の一つの任意整理ですが一番困窮の度合いが高い債務者に最適な方法は自己破産です

借金整理には「任意整理・特定調停・個人再生・自己破産」という4つの方法があり、どの方法で借金を整理するかは借金の総額や債務者の事情で変わってきます。
一般的には困窮の度合いが比較的低い場合は任意整理で、続いて特定調停、個人再生、自己破産となります。

「借金を整理する方法の一つの任意整理ですが一番困窮の度合いが高い債務者に最適な方法は自己破産です」の続きを読む

カテゴリー:任意整理

任意整理は、債務整理の中でも裁判所を通さずに業者と話し合う方法ですが、司法書士や弁護士に任せるのが一般的

返済能力を超える借金を負った場合、裁判所を通さずに利息のカットや支払方法の変更などについて貸金業者と話し合うことにより、合意を得てこの条件に合わせて返済を続けることを任意整理と呼びます。

「任意整理は、債務整理の中でも裁判所を通さずに業者と話し合う方法ですが、司法書士や弁護士に任せるのが一般的」の続きを読む

カテゴリー:任意整理

正社員もパートタイム社員も同様の規則が適用される就業規則は明確に記載しておいた方が良い

会社で働く際の労働時間や賃金といった職場でのルールを文書化した就業規則は、事業所側と労働者側の双方が良く理解し合うことで無用なトラブルが避けられます。
記載には絶対的必要記載事項と呼ばれるものがあり、退職に関する事項や賃金の計算・支払い方法・支払い日など、記入が必須となっている事項がいくつか挙げられます。

「正社員もパートタイム社員も同様の規則が適用される就業規則は明確に記載しておいた方が良い」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

飲食店の就業規則は経営者、労務管理担当者が労働基準法に基づいて作成します

飲食店の就業規則は、主に経営者や労務管理の担当者が作成をします。

必ず記載しなければならない必要事項としては、始業および就業の時間、休憩時間や休日・休暇と、労働者を2組以上に分けて交代で就業させる場合の就業時転換に関する事項、賃金の決定や計算および支払い方法、賃金の締切日および支払い時期、昇給に関する事項、解雇を含んだ退職に関する事項は必須項目となります。

「飲食店の就業規則は経営者、労務管理担当者が労働基準法に基づいて作成します」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

契約社員を雇用する際に必要な就業規則の整備

企業が契約社員を採用する際に注意が必要なのは、就業規則に正社員を想定したものしか用意されていない場合に、この規則が適用される点です。
その場合、正社員にしか適用するつもりのなかった退職金などの制度も適用対象となるため、退職時にトラブルになることが考えられます。

「契約社員を雇用する際に必要な就業規則の整備」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

厚生労働省のホームページで提供されているモデル就業規則

常時10人以上を使用する使用者には就業規則の作成義務が生じ、労働条件や服務規律の実態に合わせたものを作成する必要があります。

「厚生労働省のホームページで提供されているモデル就業規則」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

就業規則に仕事の効率低下に繋がるセクハラに関する方針もそれに定めておくと良いでしょう

就業規則は、労働者が就業上においてその会社で守るべき規律や労働条件といった内容が記された契約書のことで、法律の労働基準法で定められています。
事業所では、働く者が常時10人に達した場合に書類作成と提出の義務が生じ、支店や支部などそれぞれ10人以上になっている場合は、各支部・支店ごとに出さなければなりません。

「就業規則に仕事の効率低下に繋がるセクハラに関する方針もそれに定めておくと良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

就業規則には休職に関する条件も記載した方が会社のためにも良いでしょう

日本人の働き過ぎや長時間労働は海外からもかなり指摘を受けていますが、働き者の日本人の習性からか、有休を使う人が少ない、休みが少ないなど、まだまだ問題は解決されそうにありません。

「就業規則には休職に関する条件も記載した方が会社のためにも良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:就業規則

このページの先頭へ