個人の自己破産は慎重に考え、困った場合には弁護士などに相談することが良いでしょう

個人でも、家や車のローンのような大きな借入から、学資などの教育ローン、クレジットのリボ払いなど、借金は意外に身近なものです。
一方で生活資金の中で借金をしているのであれば問題ありませんが、自分の収入以上に返済金額が多くなった場合には生活が回らなくなり、借金の返済が滞ることもあります。

「個人の自己破産は慎重に考え、困った場合には弁護士などに相談することが良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:自己破産

平成17年に、自己破産についての法律改正が行われたので改正点の紹介をします

自己破産とは、法律の力を借りる事により、自分自身が抱えていた借金を全てゼロにするものです。
破産手続きを行っても最低限度の財産は残り、戸籍に記載される事はありませんし、選挙権を失ったり、住んでいる家を追われるような事もありません。

「平成17年に、自己破産についての法律改正が行われたので改正点の紹介をします」の続きを読む

カテゴリー:自己破産

自己破産の申立を行った場合には、破産開始決定などを経て、免責の確定を得た時に初めて債務の返済義務が免除されることになります

貸金業者などから借金をしてその返済が困難になってしまった場合には様々な対処法がありますが、支払い不能の状態であれば自己破産の要件を満たすことになります。
支払い不能の状態とは、必ずしも収入が無い状態でなければならない訳ではなく、目安としては収入から生活費を控除した額で3年以内に返済が見込めない状態です。

「自己破産の申立を行った場合には、破産開始決定などを経て、免責の確定を得た時に初めて債務の返済義務が免除されることになります」の続きを読む

カテゴリー:自己破産

債務整理を行うには、専門性等により困難な場合もあるので、クレジット会社と相談することをお勧めします

現在クレジットカードは、各社が提携カードを出しています。
ビデオのレンタルやコンビニエンスストア、電車の利用など様々な場面でクレジットカードを利用することでポイントがたまるなどの優遇により、多くのカードを持っている人もいます。

「債務整理を行うには、専門性等により困難な場合もあるので、クレジット会社と相談することをお勧めします」の続きを読む

カテゴリー:債務整理

債務整理後の生活再建は自分次第であり、二度と借金で頭を悩ませるような生活をしない心掛けが大切です

日本の労働者の6人に1人は借金問題を抱えていると言われており、特に多重債務は深刻な社会問題となっています。
国では、平成18年から多重債務者対策本部を設置し、各県でも借金問題で悩む人々の解決に取り組んでいます。

「債務整理後の生活再建は自分次第であり、二度と借金で頭を悩ませるような生活をしない心掛けが大切です」の続きを読む

カテゴリー:債務整理

カードローンなどの返済が厳しい時は、債務整理という方法があります

近年は便利なカードがたくさんあり、クレジット、ローン、キャッシュはもちろん、電子マネーというものも登場し、携帯電話やスマートフォンでもカードの代わりに使用できる便利な社会になりました。

「カードローンなどの返済が厳しい時は、債務整理という方法があります」の続きを読む

カテゴリー:債務整理

140万円以下の債務整理相談なら司法書士にも依頼できます

現在の日本には、多大なる借金を抱えて困難に陥っている人が少なからず存在します。
そういった借金問題が原因で自殺や夜逃げなどに至ってしまうことを防ぐために、借金額を減らして過重な金利負担から解き放たれる手段として債務整理というものがあります。

「140万円以下の債務整理相談なら司法書士にも依頼できます」の続きを読む

カテゴリー:債務整理

債務整理の一つである自己破産は、借金を多く抱えている人を助けるために国が作った救済方法です

債務整理とは、借金問題で苦しむ人が法律的に借金を整理して解決できる方法で、任意整理や民事再生、自己破産といったいくつかの種類があります。

「債務整理の一つである自己破産は、借金を多く抱えている人を助けるために国が作った救済方法です」の続きを読む

カテゴリー:債務整理

労働保険の一種である雇用保険は、離職理由によって給付される日数が変わってきます

労働保険の一種である雇用保険は、企業で働く人々が何らかの理由で働くことが不可能になった場合に、再就職するまでの期間、一定額の金銭が支給されるものです。
失業保険とも言われており、加入するには、この保険を適用している会社で働く必要があります。

「労働保険の一種である雇用保険は、離職理由によって給付される日数が変わってきます」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

自己都合で退職した場合の雇用保険は、3ヵ月間の給付制限があります

会社を辞める時には退職の手続きがあります。
勤務している会社で雇用保険をかけている場合は、失業保険の手続きをしなければなりません。

「自己都合で退職した場合の雇用保険は、3ヵ月間の給付制限があります」の続きを読む

カテゴリー:雇用保険

このページの先頭へ