特許の登録要件の中の手続き的要件に当たる、特許明細書記載要件の重要性について説明します

特許の登録要件の中の手続き的要件に当たる、特許明細書記載要件はなぜ重要と言われるのでしょうか。その理由は、特許明細書は特許の出願をした発明にかかる特許請求の範囲や明細書で、図面等は登録の為の審査対象となるばかりでなく、特許として登録された後は該当の特許権の権利範囲を示す権利書としての役割を果たすからです。

「特許の登録要件の中の手続き的要件に当たる、特許明細書記載要件の重要性について説明します」の続きを読む

カテゴリー:特許

先行技術に関する情報は、特許情報を調べるだけでかなり多くの事が分かります

特許の取得は、考案したアイディアや技術が新しいものである事が絶対条件です。
ですから、特許を出願する前には、自分の発明がまだ世に出ていない新しいものかどうかを確認する、先行技術調査を行う事が必要になります。

「先行技術に関する情報は、特許情報を調べるだけでかなり多くの事が分かります」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許権の存在期限は、医薬品等の一部については出願の日から最長25年、一般的には20年で終了となります

特許を出願して審査官が審査をした結果、出願をはねのける理由がなかった場合や、意見書や手続補正書によって不備が解消された場合、審査官は特許査定を行います。
この査定の謄本が送られた日から30日以内に料金を納付すると特許権の設定登録が行われ、この設定登録された日から権利が発生します。

「特許権の存在期限は、医薬品等の一部については出願の日から最長25年、一般的には20年で終了となります」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許公報が発行されていますが、特許権を侵害される場面もそう珍しい事ではありません

知的財産権のうち、最も重要視されている権利が特許です。
発明をした人に対して、その技術を公開する代わりに一定期間、一定の条件でその技術に対して独占権を与えています。法律上での発明の定義は技術的なアイディアであり、新しい事に併せて容易に考えつかない高度なものとされています。

「特許公報が発行されていますが、特許権を侵害される場面もそう珍しい事ではありません」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許制度は考案者に発明の独占を認め、その発明を公表する事により新たな技術の発展を促進する制度です

様々なアイディアやデザイン、技術は現在の暮らしを快適で便利にしてくれますが、それらを許可なく勝手に使用されたり真似されたりする社会では、新しい物を造り出そうとする創作者の意気込みが失われてしまいます。

「特許制度は考案者に発明の独占を認め、その発明を公表する事により新たな技術の発展を促進する制度です」の続きを読む

カテゴリー:特許

特許事務所では、特許申請の問い合わせから先行技術調査、特許申請に関する書類の作成、提出までサポートします

特許を出願する際には、既に同じ内容のものが出願されていないかを調べる必要があります。日本をはじめとした諸外国のほとんどでは先願主義という考えに基づいて特許法が制定されており、先に出願した人に優先的に権利が与えられます。つまり、先に出願された事案が1つでもあれば、その後に出願しても権利は認められないという事です。

「特許事務所では、特許申請の問い合わせから先行技術調査、特許申請に関する書類の作成、提出までサポートします」の続きを読む

カテゴリー:特許

独創的なアイディアや新技術は発明と呼ばれ、特許法によって保護されています

現代人の生活は、コンピューターや携帯電話といった様々な発明によって日々進化し、便利で快適な生活を送る事ができています。
また、芸術は音楽を楽しんだり絵画を見て感動したりと、生活をより豊かにしてくれます。

「独創的なアイディアや新技術は発明と呼ばれ、特許法によって保護されています」の続きを読む

カテゴリー:特許

会社実印とは、法人を設立する際に法務局に登記する印鑑です

会社実印とは、法人を設立する際に法務局に登記する印鑑です。
会社実印は判を押す事で、企業や団体の代表者の存在を法律的に裏付ける役割を果たす重要な判子で、また、会社の代表者としての働きを持つので代表者印という呼ばれ方もします。代表者印には定型があり、それに従い作成を行います。

「会社実印とは、法人を設立する際に法務局に登記する印鑑です」の続きを読む

カテゴリー:登記

法人登記簿謄本は登記簿の写しなので、その登記簿の記載事項が事実だという事を公に証明しています

会社の登記情報が記載された法人登記簿謄本は、その会社が国の認める企業として確かに存在し、どの様な事業を目的に、誰が役員や代表となり、幾らの資本金で運営されているかを裏付けるものなので、新規に取引を行う場面などでは相手方の信頼を得る為の手段の一つとして有効です。

「法人登記簿謄本は登記簿の写しなので、その登記簿の記載事項が事実だという事を公に証明しています」の続きを読む

カテゴリー:登記

住民票の住所を移動しても、自宅の登記されている場所は自動的には変更されないので、自分で行わなければなりません

登記制度は、日本国民の土地や建物、会社や法人などを公示する事で円滑な取引と安全に貢献しています。

「住民票の住所を移動しても、自宅の登記されている場所は自動的には変更されないので、自分で行わなければなりません」の続きを読む

カテゴリー:登記

このページの先頭へ