株式会社の取締役には任期があり、任期が満了した後は役員登記の変更が必要となります

株式会社の取締役には任期があり、任期が満了した後は登記の変更が必要となります。
役員登記変更の手続きは、本店所在地と支店所在地の両方で行わなければならず、本店所在地においては、その役員の就任承諾日から2週間以内に、支店所在地では3週間以内に完了しなければなりません。

「株式会社の取締役には任期があり、任期が満了した後は役員登記の変更が必要となります」の続きを読む

カテゴリー:登記

家を新築した場合、表示に関する内容と権利に関する内容の登記をしなければならず、土地や建物の状況によって異なります

家を新築した場合、表示に関する内容と権利に関する内容の登記をしなければならず、建物表題登記は取得してから1ヶ月以内に行わないと、10万円以下の過料を支払わなければいけないと法律で定められています。

「家を新築した場合、表示に関する内容と権利に関する内容の登記をしなければならず、土地や建物の状況によって異なります」の続きを読む

カテゴリー:登記

不動産の所有権が移転する場合は、所有権移転登記をしなければなりません。その原因によって必要な書類が異なります

所有権移転登記とは、売買・贈与・相続・財産分与などにより、不動産の所有権が移転したときに行う登記のことです。
売買による所有権の移転を申請するためには次の書類が必要になります。

「不動産の所有権が移転する場合は、所有権移転登記をしなければなりません。その原因によって必要な書類が異なります」の続きを読む

カテゴリー:登記

登記変更は法律上期限が決められていませんが、手続きを行った方が良いでしょう

相続によって不動産を取得した際には相続登記を行って名義変更しますが、登記変更は法律上期限が決められていないので、登記変更をしないで放置しても罰せられる事はありません。

「登記変更は法律上期限が決められていませんが、手続きを行った方が良いでしょう」の続きを読む

カテゴリー:登記

不動産登記の申請をする際には不動産登記申請書を作成しなければならず、作成した書類は法務局へ提出しなければなりません

不動産登記は、大切な財産である土地・建物の所在や面積、所有者の住所、氏名などを公共の帳簿である登記に記載して一般公開を行い、権利関係等の状況が誰にでも分かる様にして取引が安全で円滑に行われる役目を持っています。

「不動産登記の申請をする際には不動産登記申請書を作成しなければならず、作成した書類は法務局へ提出しなければなりません」の続きを読む

カテゴリー:登記

農業後継者の育成と農地の細分化を防止する対策として納税猶予制度が設けられており、相続税が免除になる場合があります

遺産相続によって取得した農耕地に対しては、権利移動等を記す農地法3条に基づく許可を受ける必要がありません。耕作目的で土地の売買や贈与を行い所有権の移転をしたり、土地に賃貸権や使用貸借権を設定したりする場合は、農業委員会または県知事の許可が必要となり、許可を受けずに農耕地を売買したり貸し借りをしても無効となります。

「農業後継者の育成と農地の細分化を防止する対策として納税猶予制度が設けられており、相続税が免除になる場合があります」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続税や贈与税を計算する時に、相続や贈与などによって取得した土地や建物を評価する必要があり、一般的に相続路線価を用います

相続税や贈与税を計算する時に、相続や贈与などによって取得した土地や建物を評価する必要があり、一般的に相続路線価を用います。
土地は時価を計算する事が原則ですが、全ての土地の時価を計算する事は非常に困難です。

「相続税や贈与税を計算する時に、相続や贈与などによって取得した土地や建物を評価する必要があり、一般的に相続路線価を用います」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続にまつわる手続きのそれぞれの期限を考慮して無駄な手間や時間を省き、スムーズに手続きを済ませましょう

親族の死に直面して、遺産の引き継ぎに苦労した話は少なくありません。
相続は人が死亡した時から開始され、基本的に手続きは死亡した日を基準に行われます。

「相続にまつわる手続きのそれぞれの期限を考慮して無駄な手間や時間を省き、スムーズに手続きを済ませましょう」の続きを読む

カテゴリー:相続

相続税の基礎控除額は高額であり、遺産を受け取る権利がある人数によって変動します

相続は、亡くなった人が持っていた財産の権利や義務を受け継ぐことです。
受け継ぐ財産には、不動産や預貯金、債券などのプラス財産だけではなく、借金や未納の税金などのマイナス財産も含まれます。財産を受け継いだ家族などには税金が課せられますが、全ての人にかかるわけではありません。

「相続税の基礎控除額は高額であり、遺産を受け取る権利がある人数によって変動します」の続きを読む

カテゴリー:相続

円滑に分割相続を行う為に、実務的にも行われている有効な手段を紹介します

人が死亡した際に法定相続人が複数名存在する場合、共同相続という形態になります。
遺産は現金や預貯金の他に不動産などが挙げられますが、被相続人の不動産名義を共同相続のまま登記する事は可能です。

「円滑に分割相続を行う為に、実務的にも行われている有効な手段を紹介します」の続きを読む

カテゴリー:相続

このページの先頭へ