高いと思われがちな弁護士費用を安く抑える方法

普通の生活をしていれば、裁判所に呼び出されたり、弁護士のお世話になったりすることは無いと思う人が多いのですが、実際には弁護士の世話になることが多いのも実情です。
例えば、離婚を希望する場合に、離婚協議がなかなか整わない場合には弁護士に相談することもあります。

また、自動車事故の示談の交渉や、さらには犯罪に巻き込まれたり身に覚えのない事件の容疑者として突然逮捕されるような時にも弁護士の助けは必要となります。
このような状況では、特に法律の専門的知識が必要な場合がほとんどであり、法律に対して素人の本人が自ら示談の交渉や法廷に立って弁護することは出来ません。

さらには、遺産分割協議などで遺産の整理や分割額へのアドバイスなど、お金にまつわる事についても弁護士は大きな助けとなってくれます。
しかしながら、一般的に弁護費用は高額であるとの認識があり、実際に弁護士に仕事を依頼する場合でも費用の高さのため躊躇してしまう人もいます。

弁護士業界でも最近は競争が激しくなり、今までは全国一律であった費用についても、ある程度の自由化により頼みやすい価格で相談を受け付けている弁護士もいます。
また、弁護士は依頼を受けた案件について、その案件に携わる時間の作業料を時間給で請求する場合と、1件あたりの費用を決めて、最初から一定の金額で仕事を請け負う場合とがあり、この2つの制度を上手く利用することにより弁護士費用を抑えることが可能です。

すぐに終わるような簡単な案件であれば時間給で、有る程度交渉が必要な場合は案件あたりの金額での契約が最適です。
請け負う側の弁護士のアドバイスを聞きつつ、契約することで費用の心配をせずに仕事の依頼ができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ