質の高いサービスの提供とコストの削減、弁護士事務所の大規模化

弁護士事務所は大規模なものから小規模なものまでありますが、日本において圧倒的多数となるのが小規模な弁護士事務所でしょう。
ほとんどは10人以下の弁護士で、1人の弁護士と事務員でこじんまりとやっているところもあり、事務所もマンションの一室という事務所もあります。

弁護士が大規模にならない理由としては、弁護士は数年間、他の事務所で修行を積んだら独立するべきというのが一般的であるからです。
また、経営方針や取り扱い分野、自分の正義の対立をめぐって独立する弁護士が多いことも挙げられます。

このような理由から日本では小規模な事務所が多くなっています。
しかし、近年は弁護士の数が増えてきているため、大規模化してきており、100人以上の弁護士を抱える事務所は日本でもいくつか存在しています。

また、テレビCMでも宣伝を見るようになりました。
事務所の規模を大きくすると、それぞれの弁護士が専門分野を磨くことでより質の高いサービスを提供でき、時間や手間のかかる案件を迅速に処理することが可能になります。
複数の人数で大きな案件に取りかかることも可能となり、また、事務所スペースや備品を共有出来ますのでコスト削減にも繋がります。

利用者にとっても安価に依頼をできるようになりますのでメリットが大きいです。
アメリカなどの海外に比べれば日本の弁護士事務所はまだ小さいところが多いですが、少しずつ国際平均に近づいています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ