東京都内では、自転車乗用中の交通事故が全国の中で一番多く、保険に入っていないなどの問題も発生す

交通事故には、大きく分けて二種類あります。
一つ目は、たとえ本人が怪我をしたとしても、物を壊すだけで怪我人の出ない、「物損事故」です。
そして二つ目は、怪我人を出してしまう場合の「人身事故」です。
特に人身事故の場合、大きな傷跡を負わせてしまうこともあります。

自動車運転をする方は十分に注意をして、安全運転を心がけて欲しいものです。
また、これと同様に、歩行者や自転車に乗る方も交通ルールをしっかりと守り、暗い道では反射板や反射するタスキ、ライトを身に付けて、自分から事故を予防する工夫も大切です。

東京都内では、自転車乗用中の交通事故が全国の中で一番多く、事故の発生率を年代別に分けると、特に20代、30代に多くみられます。
自転車事故の特徴として、自動車のように保険に加入をしていないという人がほとんどなので、損害賠償が全く支払われないという場合もあります。

また、被害者に後遺症が残った場合、どれくらいの程度であるのか証拠を出すことが必要となります。
このような問題が起こった場合に、相談できるのが弁護士です。
加害者と交渉をし、場合によっては賠償金を請求する結果に繋がることや、認定基準にそって後遺症の程度の判定を行うなど、専門的な観点から被害者の力となってくれます。

東京では、弁護士に無料で相談できる窓口を設けているところも増えています。
交通事故に遭ってしまった場合は、一人で悩む前に、弁護士に一度相談をしてみましょう。
そして、東京から交通事故が減るように、交通マナーに対するひとりひとりの意識が今後も求められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ