交通事故などの後遺障害に関する相談は障害弁護士にする

交通事故の被害にあっただけでも大変なのに、障害が残ってしまったら本当に辛い毎日を過ごさなくてはならなくなります。
きちんと保険の支払いを受けたり、損害賠償を請求したりするためには、交通事故にあった直後からしっかりとした対応していかないと、十分な保障を受けられずに終わってしまう可能性があります。

そんな事態にならないためにも、交通事故の後遺障害の対応を得意とする障害弁護士に相談し、サポートを受けるようにすることが大切です。
事故が発生したら、まず警察への届出は必須です。
軽い怪我の時でも届出を怠ると保険料の支払いが行われませんし、後々影響が出たときに、相手側とのトラブルの原因になりやすいので、きちんと行いましょう。

人身事故として届出をして、こちらが不利になってしまう状況をなるべくなくす必要があります。
事故後、警察への対応が終わったらすぐに病院で、交通事故にあった旨を伝えて診断を受けます。

病院側では事故の診察のとき、普段とは違う書類の作成などがあるため、必ず事故にあったので来たと話しておきます。
また、自分の症状をメモなどに残しておく事も大切です。

症状がなかなか改善せず、治療の成果が感じられず回復の見込みがなくなったなどの後遺障害になった場合、損害賠償請求などを行う時にそのメモが役に立ちます。
後遺障害等級の認定を受ける際は、障害弁護士とともに病院で適切な後遺障害診断書を作成してもらい、不利になることのない等級の認定を受けて保障を受けるようにします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ