交通事故の示談交渉に備えた弁護士費用特約

自動車同士の交通事故が起きた場合には、加入している保険会社と相手方の保険会社の担当者が過失割合についての話し合いを行ってくれるので事故に遭った本人は交渉をする必要がありませんが、過失割合がゼロ(たとえば、信号待ちの時に後ろから追突された、駐車中に追突されたなどの場合)と判断された場合には、自分の保険会社は交渉をしてくれることはありません。

なぜなら、過失がゼロなので自分の保険を使うことができないため、保険会社がわざわざ出ていく必要はありませんし、自動車保険とは相手への賠償に備えるために設けられているものですので、過失がゼロですと相手への賠償が一切ないので保険会社が出ていく必要がなくなるからです。

過失がゼロの場合には、自分が相手方の保険会社との交渉を行っていくことになります。
相手方が自分の非を認め適正な賠償金の支払いを行ってくれれば苦労をすることはありませんが、相手が非を認めずに示談交渉に応じないケースもあります。

そのような事態に陥るプロの保険会社相手に素人ではうまく交渉していくことができず、精神的にも肉体的にも辛い状態になり、中には泣き寝入りしてしまう人もいます。
しかし、過失がゼロなのに自分が損をするのはおかしいことであり、適切な損害賠償金を引き出すことができるまで交渉を続けるべきです。

自分での交渉は困難な状況になってしまうことが多いので、弁護士を付けて交渉を行うようにしましょう。
そのようなケースに備えて、自動車保険の中には弁護士への報酬や訴訟の費用の支払いをしてくれる特約である弁護士費用特約というものがあります。
もしもの時に備えて、加入しておくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ