事故が起きた時の示談交渉は弁護士に依頼することが出来ます。

自動車を運転中に事故に遭うと、怪我がなくても気分が悪いものですし、しばらくは面倒な作業に煩わされることになります。
適切な任意保険に加入していれば、事故の相手との示談交渉などは保険会社が代行してくれます。
しかし、実際に保険を利用してみないと分からないことなのですが、保険会社は最後までとことん付き合ってくれる訳ではありません。
示談交渉にあたって、保険会社は事故の状況を確認し、過去の事例を参照し、契約者の言い分を聞いた上で過失割合を設定します。

これが交渉の基礎となるわけですが、相手方があることですからこちらの主張がそのままは通らないこともあります。
その際、条件を変更し妥協できればよいのですが、どうしても譲れないとなった場合、保険会社はそこで手を引いてしまいます。

結局、保険会社が行う示談交渉の代行というものは自社の契約の規定に合わせたものを遂行するだけで、こちらの言い分を聞いて矢面に立つということは目的としていません。
その後の交渉は本人自身が行うか、弁護士特約などを契約していればその権利を行使することが出来ます。

この場合、保険会社が紹介する人を利用してもよいですし、依頼したい人がいればそちらに頼むことも可能です。
どちらのケースでも、保険契約として条項に入っていれば費用は保険金から支払われます。
また、状況からみてこちらの過失割合がゼロだった場合にも保険会社は動いてはくれません。

任意保険の目的はあくまでも過失に対する処置であって、こちらに過失がない場合は保険会社の出番はないため動きようがないのです。
この場合も弁護士契約は有効で、利用することが出来ます。
まずは、保険会社がなんでもやってくれるのではないことを認識しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ