交通事故に巻き込まれた場合、慰謝料の基準には大まかに分けて3つあります

交通事故に巻き込まれた場合、早い段階での弁護士への相談をお勧めします。
交通事故を起こされたとき、こちらに傷害などがあれば慰謝料を請求することができます。
しかし、保険会社は支払うお金を少なくするのが仕事です。
慰謝料の基準には大まかに分けて、3つあると言われています。
まず、自賠責基準です。

入通院1日につき4200円、それに、実際に病院に通った日数の2倍または、病院にかかっていた期間の少ないほうで計算されています。
次に、任意保険会社の基準です。

それぞれの保険会社の規定で定められていて、自賠責保険で賄える金額を超えた場合に適用されます。
6ヶ月通院した場合、大体同じような金額になります。
相手方の保険会社に任せると、大体この2つの基準から慰謝料を提示していきますが、金額に納得できない場合も多いと思います。

そしてもうひとつ、弁護士が裁判を行うときに使う弁護士基準というものがあります。
この弁護士基準は、自賠責基準や任意保険基準の2倍以上とも言われています。
さらに、後遺症が残ってしまっている場合、後遺障害認定も受けなければなりませんが、この交渉も弁護士に依頼すれば受け取りやすくなります。

傷害に見合った補償額を提示してもらえるのです。
この弁護士基準は、素人の我々が保険会社に請求しても軽くあしらわれてしまいます。
後遺障害認定も、獲得するのはとても大変です。
このことから、交通事故の交渉を弁護士に依頼しないのはとても不利益なことだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ