弁護士料は各弁護士事務所によって取扱いが違い、要件を満たせば民事法律扶助制度の利用も可能です

もしも、法律トラブルに巻き込まれる事があった場合に相談したいのが弁護士だと思いますが、その時にかかる弁護士料といった費用面が気になり、敷居が高く感じてしまう人も多いでしょう。

弁護士料には、弁護士に依頼した段階でかかる着手金と、いわゆる成功報酬で依頼が成功した場合に支払う報酬金、弁護士の交通費などや裁判所に納める手数料類などの実費や日当、事務的な手続きを代行してもらう場合の手数料などがあります。
加えて、法的トラブルの相談を行った場合に支払う相談料も考えなければなりません。

しかし、事務所によってこの費用は異なり、債務整理などの事例によっては初回の相談を無料で行っているところも多く、場合によっては何度でも無料相談に応じている事務所もあります。

着手金に関しても、事例によっては無料にしたり、原則前払いですが後払いに応じたりと柔軟に応じてくれるところも存在しますし、また、経済的な問題から相談料や費用の支払いが一括では難しい場合、要件を満たしていれば、法テラスで行われる民事法律扶助制度の適用も可能です。

法テラスにまず連絡をすれば、対応している弁護士による無料法律相談を受ける事が出来、審査で援助開始決定を受ければ弁護士費用の立替えが受けられます。

この制度に対応していない場合や要件を満たしていない場合でも、弁護士事務所によっては分割払いに応じているところもあり、詳しい弁護士料に関してもホームページなどで明示しているところがほとんどです。
前もって調べておくとともに、はじめに経済的な状況も合わせて相談すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ