弁護士相談費用の相場は相談内容と金額で変わってきます

自分だけでは解決出来ない問題が起きた時に頼りになるのが弁護士ですが、普段利用していない人にとっては、弁護士相談費用の相場は分からないものです。
まず費用の種類ですが、弁護士に法律相談して発生するお金が法律相談料で、次に弁護士に対して仕事の依頼をした段階で支払うお金が着手金になります。

依頼に対する成功報酬は報酬金で成功の程度により支払うものですので、依頼が不成功で終わった場合は支払う必要はありません。
また、事務的な手続きで解決する問題の場合には手数料を支払いますが、例えば契約書や遺言書の作成、会社設立、相続放棄の手続き等がこれに該当します。

依頼を行う上で実際に発生する費用は実費と呼ばれ、交通費や宿泊費、通信費等が当たります。
目安となる相場は、法律相談を1時間したケースで、相談だけで終わった場合は5,000円から10,000円です。

例えば、消費者金融10社から総額400万円の負債を抱えているといった債務整理や倒産の相談依頼は、着手金が10~20万円、報酬は20~40万円が相場で、倒産の場合は着手金が20~30万円、報酬は0~10万円となります。

離婚の相談は、離婚調停の場合、着手金が20~30万円で報酬が20~30万円、調停不調で訴訟なら着手金が0~10万円で報酬が20~30万円です。そして、自宅・山林・株券等の1億円の遺産を争い無く遺産分割の調停申し立てをする遺産分割請求の場合、着手金は30~50万円で報酬は100~180万円となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:交通事故 弁護士

このページの先頭へ