老後に備え、年金受給の要件を満たしているか確認しておきましょう

日本は世界有数の長寿国と言われており、人生80年時代に突入しました。
一般的な企業の定年である60歳からの円熟期の暮らし方や生き方について、若い時期から計画的に考えて備えることが大切になってきています。

「老後に備え、年金受給の要件を満たしているか確認しておきましょう」の続きを読む

カテゴリー:年金

厚生年金の保険料は、毎月の給与の金額と賞与額に共通の保険料率をかけて計算されています

年金制度は、高齢者の生活を金銭面で支える為に国がサポートする仕組みを持つ制度です。年金制度の一つに、民間企業で働く会社員を対象とした厚生年金があり、これは1942年に創設されました。国民年金に上乗せした形で管理や運営がされており、被保険者は年収の一定割合の保険料を労使で折半するシステムとなっています。

「厚生年金の保険料は、毎月の給与の金額と賞与額に共通の保険料率をかけて計算されています」の続きを読む

カテゴリー:年金

社会保障制度のうちの一つに会社員が加入する厚生年金がありますが、加入期間や給料によって年金額が変わります

社会保障制度は、保険料を支払っている人の老後や事故、一定の障害状態になってしまった時に給付をする仕組みです。社会保障制度のうちの一つに会社員が加入する厚生年金がありますが、国民年金は20歳から60歳までの40年間加入する事が決まっているのに対し、厚生年金は会社員であった期間が加入期間となっています。

「社会保障制度のうちの一つに会社員が加入する厚生年金がありますが、加入期間や給料によって年金額が変わります」の続きを読む

カテゴリー:年金

企業年金には様々な種類が存在し、その中で確定給付企業年金、規約型と基金型に分かれ、基金型を企業年金基金と呼んでいます

企業が社員に対して年金を支給する仕組みを企業年金と言います。
企業年金には、確定給付企業年金や確定拠出年金、厚生年金基金、税制適格退職年金などたくさんの種類があり、条件はそれぞれ異なっています。

「企業年金には様々な種類が存在し、その中で確定給付企業年金、規約型と基金型に分かれ、基金型を企業年金基金と呼んでいます」の続きを読む

カテゴリー:年金

厚生年金保険料率は加入する厚生年金基金によって異なります。保険料の等級と共に紹介します

保険料率とは、保険金額に対しての保険料の割合の事を意味しますが、会社員が支払う厚生年金の保険料は、給料×保険料率で算出されています。
ですから給与が高ければ高いほど保険料も高くなる仕組みですが、金額に応じた等級が設定されています。

「厚生年金保険料率は加入する厚生年金基金によって異なります。保険料の等級と共に紹介します」の続きを読む

カテゴリー:年金

公的年金には、けがや病気などで障害が生じた時に支給される障害年金というものが存在します

公的年金には、けがや病気などで障害が生じた時に支給される障害年金というものが存在します。

「公的年金には、けがや病気などで障害が生じた時に支給される障害年金というものが存在します」の続きを読む

カテゴリー:年金

学生を初めとして知っておきたい国民年金保険料の免除・納付猶予制度

日本国内に住む20歳から60歳の人は法律によって加入が義務付けられている国民年金の保険料の納付については、金融機関やコンビニエンスストアで納付する他に、口座振替も利用できます。

「学生を初めとして知っておきたい国民年金保険料の免除・納付猶予制度」の続きを読む

カテゴリー:年金

日本に居住する20歳以上60歳未満の国民は、原則として国民年金に加入することとなります

日本国内に居住している20歳以上60歳未満の国民は、国民年金の被保険者になります。20歳になると学生や厚生、共済年金の加入者などを除き、第1号の加入手続きが必要です。
この手続きは市役所や区役所、町村役場で行います。

「日本に居住する20歳以上60歳未満の国民は、原則として国民年金に加入することとなります」の続きを読む

カテゴリー:年金

年金制度はフリーランスの人に向けては他の制度の活用で老後に必要な金額を確保することが出来ます

日本の国民年金制度では、20歳から60歳までの最大40年間保険料を納めた人に満額の老齢基礎年金が支払われるようになっており、満額は物価や賃金の変動に応じて年度ごとに改定されることになっています。

「年金制度はフリーランスの人に向けては他の制度の活用で老後に必要な金額を確保することが出来ます」の続きを読む

カテゴリー:年金

社会保険とは公的な社会保障制度で、雇用保険、労災保険、年金保険、医療保険、介護保険の5種類が挙げられます

社会保険とは社会保障の分野の一つを言い、国民が生活する上での病気、高齢化、失業、労働災害といったリスクに備えて事前に保険へ加入することによって、事故が起きた場合に現金などを給付することで生活を保障する仕組みとなっています。

「社会保険とは公的な社会保障制度で、雇用保険、労災保険、年金保険、医療保険、介護保険の5種類が挙げられます」の続きを読む

カテゴリー:年金

このページの先頭へ