生活上のトラブルについて法的に解決したい場合には民事訴訟を起こす事が出来ます

借りたお金が返済されない場合など、生活上のトラブルで訴訟を起こしたいという場合には、民事訴訟として裁判にかける事が出来ます。
裁判と聞くと思い浮かべるのが法廷かも知れませんが、民事訴訟ではそのような場で争いを繰り広げるという事はほとんどありません。

「生活上のトラブルについて法的に解決したい場合には民事訴訟を起こす事が出来ます」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

裁判所が保管している訴訟に関係する全ての記録を訴訟記録と言い、これは裁判所で閲覧する事が可能です

裁判所が保管している訴訟に関係する全ての記録を訴訟記録と言い、訴状や答弁書、準備書面、証書、判決書などがこれにあたり、裁判所書記官が管理しています。
裁判所の傍聴は基本的に誰もが自由にできますが、裁判所で訴訟を傍聴し、その事件内容を詳しく知りたい場合は、訴訟記録の閲覧も可能です。

「裁判所が保管している訴訟に関係する全ての記録を訴訟記録と言い、これは裁判所で閲覧する事が可能です」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

裁判所が判決を下す際に満たされてなければいけない要件を訴訟要件と言います

裁判所が判決を下す際に満たされてなければいけない要件を訴訟要件と言います。
裁判所が原告の請求が正しいかそうでないかについて判決を下すには、訴訟要件が充分でなければなりません。
要件が欠けている場合、裁判所は本案判決を下す事はできず訴えを却下します。

「裁判所が判決を下す際に満たされてなければいけない要件を訴訟要件と言います」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

不動産の明け渡し請求訴訟を提起し、明け渡しの強制執行が行われるまでには様々な手順を踏まなければなりません

不動産に関するトラブルは数多くあり、その解決のために起こす訴訟の種類も様々です。
中でも、建物明渡請求は立ち退き請求とも言われ、賃貸借契約が終了した土地や建物を借主が立ち退かない場合や、賃料の滞納がある場合などに提起します。

「不動産の明け渡し請求訴訟を提起し、明け渡しの強制執行が行われるまでには様々な手順を踏まなければなりません」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

60万円以下の金銭トラブルを抱えている人は少ない費用で裁判手続きが行える少額訴訟制度を利用してはいかがでしょうか

例えば、賃貸住宅の敷金の返還について揉めているとか、自動車をぶつけられたが修理代を支払ってくれない、貸したお金を返してもらえないといった争い事や、話し合いをしても双方譲らず解決の糸口が見つからないなどの話は珍しくありません。

「60万円以下の金銭トラブルを抱えている人は少ない費用で裁判手続きが行える少額訴訟制度を利用してはいかがでしょうか」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

アメリカに事業を拡張したいと希望する企業が増えていますが、自社製品を販売する為にはPL訴訟対策が必要不可欠です

近年、アジア諸国は急速な経済成長を遂げ、アメリカに事業を拡張したいと希望する企業が増えています。米国への進出を考える際、パートナーと組むべきか、代理店を通すべきか、投資の金額や対象となる顧客など様々な問題が生じますが、最初のステップと決断によりその後の事業が大きく変わり、ビジネス成功の可否の鍵を握ります。

「アメリカに事業を拡張したいと希望する企業が増えていますが、自社製品を販売する為にはPL訴訟対策が必要不可欠です」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

調停や訴訟ではなく紛争を解決する手段として、交通事故紛争処理センターでの解決が挙げられます

自動車事故の発生件数や死者数、負傷者数は近年減少傾向にありますが、交通事故紛争処理センターへ寄せられる損害賠償問題の相談件数は減っていません。
損害賠償金を決める際は、加害者または保険会社と示談交渉を行いますが、示談による解決が難しい場合、調停や訴訟によって解決を図ります。

「調停や訴訟ではなく紛争を解決する手段として、交通事故紛争処理センターでの解決が挙げられます」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

特許権侵害訴訟のためには、特許権の侵害が成立するための条件が必要です

特許権侵害訴訟とは、特許権の侵害から救済してもらえるように裁判所に請求する訴訟です。特許権の直接侵害が成立する要件として、特許権が存在していることや業として特許発明を実施していること、権原がない第三者が特許発明を業として実施したことや特許発明の技術的な範囲に属していることがあります。

「特許権侵害訴訟のためには、特許権の侵害が成立するための条件が必要です」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

医療事故訴訟は患者側の勝訴が非常に難しい裁判だと言われています

医療事故訴訟は、患者側の勝訴が非常に難しい裁判だと言われており、患者側の勝訴はわずか2割程度とされています。なぜこれほどまでに裁判に勝つのが難しいかと言うと、弁護士に医学の専門知識が要求されるだけでなく、鑑定意見書の作成や訴訟中にアドバイスを依頼できる専門医師の協力が不可欠な点にあります。

「医療事故訴訟は患者側の勝訴が非常に難しい裁判だと言われています」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

日本での集団訴訟はアメリカとは違った性質を持ちます

欠陥商品によって消費者が損害を被った場合、アメリカでは消費者が企業を訴える事ができます。
一人では請求する金額が小さく、訴訟に要する費用の方が賠償金額よりも大きい場合は、一人ではなく同じ被害を被った人々で集団訴訟を起こす事が可能です。

「日本での集団訴訟はアメリカとは違った性質を持ちます」の続きを読む

カテゴリー:訴訟

このページの先頭へ