会社設立を専門家へ依頼するメリット

独立を決意され、会社設立手続きを行われる場合には、会社設立手続きの専門家へ依頼することがおすすめです。
会社設立手続きの専門家としては、行政書士、税理士、司法書士がいます。

確かに、会社の設立手続きは、法律の書籍を購入しご自身で手続きを行われれば専門家への代理、代行手数料がかからず、お金の節約になります。

しかし、例えば創業にあたって許認可事業を営まれる場合には、設立する会社が設立の後に許認可を得ることができる会社として設立しなければ意味がありません。
この場合には行政書士へ依頼されれば、設立後の許認可を見通した設立手続きを行ってくれます。

また、創業後に融資などをお考えの場合には財務に明るい税理士へ依頼されれば、創業後、付き合うこととなる日本政策金融公庫や信用保証協会に信頼されやすい状態で会社を設立してくれるとういうメリットもあります。

さらに、これまで自営業として経営されてきて、自営業での資産を現物出資などの形で会社に出資されるなど非典型的な方法で会社を設立される場合には、会社の設立の法律については最も詳しい司法書士へ相談されれば複雑な手続きであっても代理して手続きを進めてもらえます。

このように創業者様の必要に応じて専門家へ相談されれば、法律上メリットのある設立の手続きを円滑に行うことが出来、また、設立後の社会保険などの手続きについては社会保険労務士が専門家ですが、行政書士や税理士は社会保険労務士とのパイプを持っている場合が多いのでスムーズに設立後の手続きもすすめることが可能となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ