設立手続き費用も削減できる、合同会社設立の魅力

これから起業をお考えの方にとっては、どのような形態での会社を設立するのかは非常に重要なことです。
現在、設立が可能な会社形態は、株式会社、合資会社、合名会社、合同会社があります。

一般的に多く存在しているのが株式会社、資本金の下限や取締役が3名以上必要であるといった条件が撤廃されたので株式会社で会社設立を行うと考える方が多く居られますが、合同会社設立にも様々なメリットが多く有りますので、これから起業をお考えの方には比較検討をすることをお勧めいたします。

株式会社と合同会社を比較してみると、株式会社にあるメリットは社会的な認知度が高いという事くらいです。

設立手続きに掛かる費用や、容易さ、会社運営に関するコストは合同会社の方がメリットがあります。
合同会社から株式会社への変更も可能となっておりますので、設立当初の費用を削減するためにも、合同会社での設立が非常に魅力です。

会社を設立するに当たり、様々なお金が必要となるのですが、会社を設立する際に定款というものを作成し、公証人役場にて認証を受けなければなりませんが、この定款の認証には5万円ほどのお金が掛かります。
さらに収入印紙代金として4万円が必要です。

定款を認証するのに9万円の費用が掛かかりますが、株式会社でも、これらの定款を電子定款とすることによって収入印紙代金の4万円を削減出来ますが、合同会社では公証人の認証代も不要になるのです。
株式会社と比較して合同会社での設立手続きだけでも9万円も費用の削減が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ