海外における会社設立のメリットとデメリット

経済のグローバル化に伴い、大企業だけではなく中小企業の海外進出も増え始めています。
そこで、国際的な会社設立のポイントについて考えていきましょう。
まずは、進出しようとする国がどのような国であるかを調べることから始めます。

法制度や税の制度、国民性、治安などです。
労働者はその国の人になるであろう場合には、文化の違いが経営に影響を与えることもありますので、どのような人々なのかを把握した上で、仕事の関係を作る必要があります。

また、会社を作るにあたっての手続きや税制が日本と異なります。
この辺りは、渉外法務に詳しい専門家に指導を仰ぐのがベストと言えるでしょう。
次に、市場調査です。

どのような国であるかということにも関わりますが、自社の技術や製品がその国に受け入れてもらえるのか、あるいはどのようなものを作ったらその国で売れるのかどうかということを考えなければなりません。

以上を考えた上で、会社設立は三つの方法に分かれていきます。
一つは自社単独で行う、もう一つは、同様に海外展開を考える企業と提携して行う、最後の一つはその国の企業と提携して行うということです。

独自技術があったり、比較的知名度の高い企業であれば前者二つも有力な手段と言えます。
しかし、地元の企業と提携することが、その国で受け入れられていくための良い手段である場合が多いです。

日本とその他の国では、政治も法律も文化も違います。
それらを十分に理解し、そういった場所で会社を設立することのメリットとデメリットをよく検討することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ