起業家の会社設立を大いに助けてくれる会社設立代行業者

現在この日本には、会社設立代行サービスを生業としている業者が存在します。
そもそもこの会社設立代行業者というのは何を代行してくれるのかというと、具体的には、株式会社設立にあたって定款の作成や様々な手続き、諸々の申請書の作成等、比較的事務的といえる作業を代行してくれます。

近年、新会社法が施行されたことで、株式会社自体を設立することは、以前と比べると本当に楽になったと言われています。

それなりの起業するための志や事業内容等のアイディア、そして経営面での知識さえあれば誰もが迅速に会社を設立することができるようになりました。
しかし、実際のところはそれほど劇的に楽になったというわけではありません。

新会社法を詳細に見ていくと、会社設立が以前より楽になったといえるのは、資本金の制限が無くなったこと、そして取締役等の人数の頭数を揃えなくなって良くなったという2つのことだけであり、会社の定款作成等上記で挙げている諸々の、会社設立にあたって必要となる主要な手続きは起業家自らが行わなければなりません。

しかし、前述したような作業は慣れていない人間にはかなり煩わしいものであり、起業家が会社を設立する上で敷居を高くしていると言えるものでしょう。

会社設立代行業業者というのは、これらの煩わしい作業から解放をしてくれるのが主な役割です。
そして、これら煩わしい作業から解放された起業家達は、安心して開業準備や会社設立後の事業計画を練り込むことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ