会社設立なら費用が安く手続きが簡単なLLC

近年、小規模な会社設立をしようと考える人々を中心に、LLCを設立する動きが活発化しています。
これは合同会社とも呼ばれるもので、会社法制定により生まれた新たな会社形態です。

出資者が1人以上いれば設立できることと、経営者と所有者を同じ人が兼任すること、社員全員が有限責任を負うことなどが主な特徴として挙げられます。
会社設立においてLLCを選択する最大のメリットは、かかる費用が安いことです。

たとえば、設立する際にかかる法定費用を比較すると、株式会社が約20万円なのに対してLLCは約6万円であり、3倍以上の差があります。
また、組織内の人々の結びつきが強くなりやすいというのも利点です。

株式会社に比べて組織が非常に単純で、株式会社の経営における意思決定に必要な取締役会や株主総会も必要ありません。
出資者間の合意のみであらゆることを決定でき、スピード感を持って意思決定ができます。

さらに、会社設立の手続きについても、定款認証が不要であるなどの理由によりとても簡単に行えます。
会社設立でLLCを選択したならば、設立手続きをすることが必要になります。
とはいえ、前述した通り手続きは簡単で、面倒な作業は登記申請書の作成だけです。

しかし、申請書のサンプルを入手することが可能ですので、それを参考にすることができます。
最後に、組織内の結びつきが強いLLCの性質上、複数の社員を置く場合は、意見の合う仲間のみで構成し、かつ必要以上に社員を増やさないことが望ましいと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ