相談も電話やメールでできる会社設立代行のサイトが多くあります

会社設立のメリットは、個人と会社ではビジネス上の信用力が違うことです。
そしてデメリットは、株式会社の場合は20万円、 合同会社なら6万円の設立費用が掛かります。
また、事務手続には多くの時間と費用と相談が必要です。

会社設立は株式会社が主流ですが、合同会社への注目も少しずつ高まっています。
設立費用が株式会社よりも低額でできることや、利益分配に融通性がきくので、少ない人数での会社設立に向いています。

会社を設立する際には、必要なものが多くあります。
まず、発起人の方の印鑑証明書1通、取締役となる人の印鑑証明書1通が必要となります。

用意すべき印鑑証明書の数は会社の内容によって異なります。
新会社の代表者印は必要で、印影の一辺の長さが3センチ以内の正方形に押印できなければなりません。

簡単な印影のものの場合は、法務局で受理されないことがあるので注意が必要です。
印鑑屋で代表者印の作製依頼にすれば、規格に従ったものを作ってもらえます。
株式会社を設立するには、資本金の払込みの為の通帳名義が発起人でなければなりません。

最後の登記の段階で引っかかり、最初からやり直しとなると相談時間とお金が活かされないことになります。
また、事業目的と商号のリサーチするために、新会社の本店所在地を行政官区の法務局へ行く必要があります。

このような煩雑な事をすべて任せることができ、相談も電話やメールで気軽にできる会社設立代行のサイトが数多くあり、設立後のサポートも望める優良企業を探すことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ