会社設立時の案内としての挨拶状の役割

会社設立時に大切になるのが、設立の案内となる挨拶状を取引先の会社や友人等に発送する事です。
まだ実績のない状態であるスタート前の企業にとっては、存在を認知してもらう為にも重要になります。

そして、起業したという過去形の報告ではなく、起業しますという事前の報告であった方が良いとされ、起業時の一週間前後には相手の手元に届くようにします。

この何気ない挨拶状が取引に繋がる事も考えられるので、インターネットなどで紹介されている文例等をそのまま使うのではなく、文例を活かしつつも、自分の個性の出るようなアレンジを加えるのが一番良いでしょう。

また、基本ではありますが、相手の社名や人名はもちろんのこと、肩書きなどについて間違いがあっては非常に失礼ですので十分に気を付ける必要があります。
こうした挨拶状に関しては、数が多くなる場合はコストパフォーマンスを考え、専門の業者に印刷を依頼する事が多いです。

しかし、年賀状等でも手書きの文章が一言でも書かれているだけでも印象が違うというのは、結構多くの人が経験していると思います。
そこで、折角の会社設立というスタートなので、出来るだけ一言でもいいので手書きで個別にメッセージを加えましょう。

挨拶状が自分の起業への決意等が伝わる案内となれば、相手に対して最高のアピールとなります。
会社設立時の案内は取引先との第一印象を決めるものであるとともに、最初の営業のチャンスであると考える事が重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ