横浜周辺での会社設立にはコスト削減などのために代行業者を活用しましょう

横浜周辺で起業・会社設立を考える人の中には、自分で手続きをしようと考えている人も居ると思います。
しかしながら、それをコスト削減の意味で考えている場合に関しては、代行業者に任せる方が高いという認識を変えた方がいいでしょう。

周辺2市を含む3拠点体制の「横浜会社設立センター」では、フリーダイヤルで会社の設立に関する問い合わせや相談に応じており、設立手数料は1,980円という価格となっています。「神奈川県会社設立支援センター」は司法書士手数料が2万円ですが、税務顧問契約をする場合にはこれが無料になります。

周辺の経営者のコミュニティーを主催していたり、地元の金融機関とも連携しているのが特徴で、人脈作りのサポートもしてくれます。
双方に代行を依頼した場合にも、手数料は格安であってもかかります。

自分で手続きをするより安い理由は、定款を紙で提出する場合にかかる印紙代が4万円かかるのに対して、電子定款を利用するためにそれがかからないからです。
そのため、自分で手続きをした場合に絶対にかかってしまう初期費用から4万円は安くなるので、手数料が2万円かかったとしても自分で手続きをした場合よりも安価になります。

では、個人で電子定款を作成しようと考える場合ですが、その場合には初期費用が4万円以上かかるので現実的ではありません。
横浜周辺での会社設立を考えている場合には、代行業者に依頼することでコスト削減と手続きの手間をなくし、起業に集中出来る環境を整えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ