会社設立を手数料無料で代行する業者について

会社設立を考える場合、書籍やインターネットなどで調べて自分で手続きをすれば、当然コストダウンに繋がると考えることが多いでしょう。

その手続きを学ぶことで今後に活かそうと考えるのであれば、自分で手続きをするのもいいかもしれませんが、コスト面で考えると代行業者などに依頼した方が安いケースが最近は見られるようになってきました。

その理由として、個人で会社設立をする場合には、定款認証において紙の定款を利用するために4万円の印紙代が必ずかかりますが、代行業者では電子定款を利用するためこの印紙代がかからず、その4万円の範囲で手数料を設定しているからです。

なお、個人で電子定款を作成するには、初期投資が通常4万円以上かかるためメリットがありません。
この印紙代の他に、コストダウンのために代行業者は会社が設立される地域を限定していることも特徴で、多くの会社が同一県内での代行業務を行っています。

さらに、この手数料を無料にするというケースも見られますが、手数料が格安に設定されている場合も含めて、税理士顧問契約の締結を条件としていることが多くあります。
会社の経営にあたって税理士のサポートを受けるのも当然ながら有用なことですが、顧問料が相場よりも高い場合なども考慮に入れる必要があります。

格安もしくは無料で会社設立が出来るということよりも、こういった代行業者では無料で相談を受け付けているところも多いので、その時の対応やかかる費用の説明などで判断をして、納得して依頼することが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ