事業を営む形態に応じて法人を選択して会社設立を行っていく事が、大変重要であると言えるでしょう

一般的に法人といえば「株式会社」の印象がありますが、その他にも様々な種類があります。例えば、医療業務を扱う「医療法人」は誰しも一度は耳にしたことがあるでしょう。

他に、私立学校を運営する「学校法人」や、酒造組合や農業協同組合、消費生活協同組合といった「組合」、普段の生活ではあまり馴染みの無い「日本公認会計士協会」や「港務局」などもその一つです。

このうち、営利を目的とした営利社団法人の事を「会社」といい、私達が商売をする場合に設立できるのは、会社法に定められている「株式会社」「合名会社」「合資会社」「合同会社」の4種類のみとなります。以前は「有限会社」もありましたが、2006年に新会社法が施行された時点で「有限会社」は設立できなくなりました。

「合名会社」や「合資会社」は、酒造や醸造関係の会社で見られる形態で、昔からある会社に多く存在しています。
この2つについては、小規模な家族経営などを目指す場合には適していますが、現在はあまり設立されていません。

一般的に、商売をする上で会社を設立するには、「株式会社」の形態で行うのが望ましいでしょう。
また、「合同会社」は、出資の範囲内に責任が限定され、内部規律の高い会社を設立する事ができます。

ちなみに、「合同会社」は一般的にLLCと称される事があります。
これらの事を踏まえて、事業を営む形態に応じて法人を選択し、会社設立を行っていく事が大変重要であると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ