会社を設立する場合には、自分で手続きを行う事もできますし、司法書士に依頼する方法もあります

会社を設立する場合には、自分で手続きを行う事もできますし、司法書士に手続きを依頼する方法もあります。
司法書士に委任する場合は、まず会社を設立するに、自社の名前や印鑑などを事前に準備しておく必要があり、また、定款という会社にとっての法律を定めておくことも重要です。

設立する会社の事業目的や住所といった定款に記載しなければならない事柄は、司法書士と綿密な打ち合わせをして決めていくのが望ましいでしょう。
定款ができ上がりましたら、公証役場で認証手続きを行った後で資本金の払い込みを行います。

そして、法務局に会社の設立登記を行う事によって会社ができ上がります。
法務局で申請をした日が会社の設立日となり設立登記は完了しますが、その後の手続きとして、銀行口座の開設や税務署への届出なども必要です。

また、会社設立時にはできるだけ早く営業活動を行い、業務に着手するという事が大変重要になってきます。現在は自分で会社を設立できる方法が書かれた書籍なども数多く出回っていますが、専門的な範囲は司法書士に依頼し、自分は業務活動に専念するというのも経営者として大事な考え方の一つです。

このように、自分自身がどのような会社を設立して、会社設立時の期間にどのような活動を行うのかを考慮した上で、自分で手続きを行うのか、司法書士に依頼するのかを選択すると良いでしょう。経営者にとってこの時期は、様々な事を自分自身で一から決めていく一番大事な時期になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ