会社設立をする場合、自分自身でインターネットや書籍などを通じ、手続きの流れやサンプルから資料を作成することができます

会社を設立する場合は、必ず司法書士に依頼する必要はありません。
各届出先に自分で資料を作成し、自分自身で行う事もできます。
まずは、定款の作成と認証が必要になってきますが、届出先は公証人役場になります。

現在はホームページに定款のサンプルなどもあり、自分自身で穴埋めをしていく事によって定款を作成する事ができます。また、定款を電子定款にする事によって、収入印紙代の4万円を節約する事も可能です。しかし、諸所なる条件があるので、その時間や手間暇をかけずに4万円の収入印紙を購入して紙で行うという事も一つの方法です。

定款が公証人役場によって認証されたら、その資料をもとに登記書類を作成する必要があります。定款の他には、資本金の払い込み証明書や発起人決定書などが必要で、ホームページや会社設立の参考書籍などにチェック用紙があるので、参考にしながら行うと不備や不足が無く法務局に届け出る必要な書類を準備する事ができるでしょう。

払込みや定款認証、印鑑証明書等の準備ができたら、法務局に設立届を出します。
会社の設立日は法務局に提出した日になりますので、自分自身の大切な日や日取りなどを考えてみる事も重要です。

このように、自分自身でもインターネットや書籍などを通じて手続きの流れやサンプルから資料を作成する事により、司法書士に頼らずに設立できます。
現在では比較的簡単に法人を設立する事もできるようになり、少しでも支出を少なくしたい場合は一考してみる事も良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ