FXの専業トレーダーではなく、運用資金を集めて投資の会社設立ができます

最近よく耳にするFXですが、仕組みがよくわからない人も多くいるでしょう。
これは外国為替証拠金取引のことで、margin Foreign eXchange tradhingの略で、外国の通貨を売買して利益を得る取引のことを意味しています。

例えば、海外に行くときには両替所で円を外貨に替えますが、為替レートが1ドル100円だとすると10万円は1,000ドルになります。
その後、日本に帰国したときに手元の1,000ドルを日本円に戻しますが、その時の為替レートが1ドル110円になっていたら1,000ドルは11万円になり利益が出ます。

この日本円でドルを買い、レートが上がってから売ることで利益が出ることを意図的に売買する仕組みのことで、国内では人気の金融商品で、資産活用に役立つ情報を得るには証券会社やFXの会社のサイトやパンフレットを見ると丁寧な解説がされています。

今や専業のトレーダーが会社設立をして初心者に向けて動画で解説をしたり、セミナーを行っていたり、スマホアプリや取引画面、ツールの使い方などを教えてくれる会社があります。また、口座を開設して維持するのは無料ですので、興味のある人はいつでも始められますが、資金を確保するには基礎知識を勉強することでハイリターンな資産運用が可能です。

投資をしていくうちに自分の会社設立も夢ではなく、設立をする事により低コストで投資会社の社長になる事もできます。
資金の調達もメリットが増えるため、トレーダーではなく社長になるのも可能ですので、その際は税理士事務所で相談をすると的確なアドバイスが得られます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ