会社設立前の準備で一番大切なことは、経営計画をしっかり作り、事業の見通しを立ててから会社を設立することです

会社を設立する場合、司法書士は代理業務であり、どのような会社にするのかを計画・決断するのは設立者になります。

例えば、会社名であったり事業目的を決め、事務所を探して不動産契約をしたり、本店所在地や資本金の額、経営者を誰にするのかなど考える必要がありますし、会社で使う代表者印や銀行印、角印と呼ばれるような印鑑も会社名を決めた時点で準備しておかなければ、会社を設立する事ができなくなります。

また、資本金の他に設立費用として、登記印紙代の他、司法書士に支払うお金など、一定の額を事前に準備しておく必要があります。

そして、公的な手続きの他には、実際に会社を経営する為の経営計画を具体的に数字に落とし込んでいくことも欠かせません。
会社を運営する上での必要な社員の給与や家賃、仕入れや広告費なども必要です。

また、その数字を達成する為にどのような従業員を、どのように集めていくのかも重要になります。この計画をなしに設立をしてしまいますと、すぐに事業が行き詰まってしまうことがあります。現在は、中小企業相談所などでアドバイスを求めることもできますし、先輩の起業された方に話を聞いて具体的な計画を作成することも可能です。

会社を設立することは簡単にできますが、重要なのは事業を継続し、収益を上げ発展させて行くことなので、その為に会社設立前の準備で一番大切なことは、経営計画をしっかり作り、事業の見通しを立てることと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会社設立

このページの先頭へ