エステの契約をクーリングオフすることが可能

エステでもクーリングオフが効く場合があります。
トラブルに遭遇した場合は、とりあえず専門家に相談するのが解決への早道です。
大抵の場合は行政書士などに相談すると問題解決のためのアドバイスをしてくれます。

エステの料金はそれなりに高額な場合が多いので、行政書士に相談してもそれ以上のお金が戻ってきて得をすることが多いです。
制度を利用するためには大きく2つの条件を満たす必要があるので、その点を確認しておきましょう。

まず、契約金額が5万円を超えていて、さらに契約期間が1ヶ月を超えているというのが一つ目の条件です。
次に、契約の書面を取り交わしてから8日以内に申請する必要があります。
これが2つ目の条件になるのですが、エステのクーリングオフでは、8日以上経過していても中途解約できるケースが多いです。

ただし、この場合は違約金が発生するので、やはりなるべく早く対応するほど戻ってくるお金が多くなります。契約をなかったことにするので、本来は支払ったお金が全額戻ってきます。
手続きについては書面のみで行い、電話や対面で申し込むのは避けて、契約した相手に書面で契約解除を伝えれば良いです。

相手に直接口頭や電話で解除を申し込むとなかなか応じてくれないことも多いので、余計な労力を省くためにも書面で通知する方が確実です。
クレジットカードで支払っている場合は、クレジットカードの会社にも契約を解除した胸を書面で通知してください。
手続き自体は簡単なので、自分で調べられる人は自分で手続きすれば1番コストがかからないで済みます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クーリングオフ

このページの先頭へ