特定商取引法クーリングオフについて知ろう

特定商取引法クーリングオフとは、簡単に言いますと、商品などの契約を解除出来る制度のことです。
契約の解除は、一定の条件に合致している場合に限られています。
クーリングオフでは、契約の解除をした場合には支払った金額が全額返金されます。

契約書にキャンセル料や違約金に関して記載があった場合でも、クーリングオフを利用する場合にはキャンセル料や違約金も支払う義務が無くなります。
また、商品を業者に送り返す際の費用も業者が負担するようになっていますので、着払いで送ることが出来ます。

商品購入だけではなく、サービスに関してもクーリングオフが出来ますので、サービスを受けた後でもクーリングオフは可能です。
しかし、クーリングオフが出来る期間は取引の形態で違いますので知っておくことが大切です。

法律で決められている書類を受け取った日(当日も含みます)から、訪問販売の場合には8日間となっています。
また、連鎖販売取引では20日間、業務提供誘引販売取引の場合でも同じく20日間です。

その他にも、取引によって8日間や20日間と期間が定められていますので、事前に契約を交わす前に知っておくと良いでしょう。

また、期間が過ぎてしまうと基本的にはクーリングオフを利用出来なくなってしまいますので、その点は注意が必要となります。
消費者を保護するための法律である特定商取引法クーリングオフですから、もしもの時には活用して、トラブル回避に役立てましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:クーリングオフ

このページの先頭へ