不動産投資は、相続税の対策になるなど沢山のメリットがあります

近年、不動産投資を始める人が多くいますが、そのメリットは何でしょうか。
この投資の最大の魅力は、安定した収入を得ることができるという点です。
株や為替といったものは、そのものの価値が日々変動していきます。

しかし、家賃を見れば分かるように、家賃が1ヶ月で1万円安くなったという事はありえません。
この投資は、家賃収入によって利益を得る為、長期的に収入が安定するのが最大のメリットです。

この為、私的年金の代わりにする人も居ます。
少子化が進み、年金にも不安がある世の中、老後の生活を安定するために、退職後の収入源として考えられるためです。

そして、不動産投資の場合、家賃という安定した収入が確保できるため、安定した計画性のある老後の生活を確保しやすいのが特徴でもあります。
また、ローンを組んだ場合に、生命保険に加入する事ができるようになります。

そして、万が一の事態が起こった場合には、残ったローンは保険会社が支払い、返済義務のない建物だけが家族に残るのです。
このため、家族は手元に残った建物によって安定した収入を得ることができる為、生命保険の代わりにもなるというメリットがあります。

また、相続税対策にもなり、現金や通帳預金の場合は100%の課税対象ですが、不動産の場合は評価額が課税対象になるからです。
このように、様々なメリットのある不動産投資だからこそ、多くの人がメリットが大きいと感じ、投資方法の一つとして選んでいるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ