不動産取引を行う場合に支払う不動産手数料について

不動産取引を行う場合、不動産会社を経由して契約を行う時は、不動産手数料となる仲介手数料を支払う事になります。
この仲介手数料は、各金額毎に取り決めがあり、200万円以下の部分は、100分の5(5%)と消費税(5%)を加算した金額、200万円以上400万円以下の部分は、100分の4(4%)と消費税(5%)を加算した金額、400万円以上の部分は、100分の3(3%)と消費税(5%)を加算した金額です。

仮に、1800万円の一戸建てを購入すると仲介手数料は幾らになるでしょうか。
上記の取り決めにより計算を行うと、200万円以下の部分は、200万円に5%掛けた10万円となります。そして、200万円以上400万円以下の部分は、200万円に4%を掛けた8万円となり、残りは、1400万円に3%を掛けた42万円です。

これらを合計すると、60万円となるのですが、実際に仲介手数料で請求される額は、これに6万円を加算した形で請求されます。
この6万円というのは、上記の金額の3%との差額です。

200万円以下の部分は、200万円に対して5%を掛けていますが、これを3%に置き換えて計算をすると6万円となります。
5%の時は10万円ですから、10万円から6万円を差し引くと4万という金額になります。

これが、5%と3%の差額です。
同様に、200万円以上400万円以下の部分も同じ様に計算を行うと、4%の時は8万円で、これを3%にすると6万円となり、8万円から6万円を差し引くと2万です。
この、2つの金額を加算すると3%に置き換えた時の合計が算出されるため、合計6万円となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ