不動産業界は、大手のデベロッパーから駅前にある町の不動産屋まで会社の規模も様々です。

不動産業界に就職をしようとしている人に、少しでもその業界を知ってもらうために色々と調べてみました。
不動産というイメージから、一般的には土地や建物を販売する仕事だと思われがちですが、実は色々な仕事があります。
不動産業界といっても、大手のデベロッパーから駅前にある町の不動産屋まで、会社の規模も様々です。

主な種類を挙げてみると、規模の大きい土地開発やリゾート開発などを手がけるデベロッパーがあります。
このような会社は、系列として不動産販売会社を持っています。
次に、新築マンションの分譲を専門にしている会社が挙げられます。

マンションを企画、設計、施工、販売、管理までをこなすのが仕事で、親会社が大手ゼネコンの場合が多いです。
そして、一般的な不動産販売会社というのがあります。
建売住宅の建設と販売、新築マンションを代理販売、管理などの仕事をしています。
また、不動産仲介会社というのもあります。

他人や他社の持っている物件を仲介して販売し、その手数料で収益をあげている会社で、大手は全国規模のチェーン店から、個人規模の小さな会社まで存在します。
そのほかにも、地域に密着した個人経営の不動産屋もあって、地域に特化した販売や仲介業をしています。

どの次元の会社に就職したいのかによって、心構えや対策を練らなければなりませんが、大手デベロッパーの場合はかなり狭き門となるでしょう。
だからといって、地域密着型の不動産屋では、新たな人材を募集する余裕はないので、不動産業界に就職する人は、よく調べることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ