中古マンションのリノベーションでお得に不動産投資

バブル景気の最中には、投資目的の不動産購入が大変流行し、競ってマンションや土地を購入していました。マンション建設のために悪質な嫌がらせをする地上げ屋などという言葉が生まれたのもこの頃です。
しかし、バブル景気崩壊後の日本では、土地価格の急激な下落が続き、投資目的で不動産を購入した人が大きな損失を出しました。

バブル景気崩壊から十数年経った現在では、当時建設されたマンションなどは設備が古くなり、魅力が著しく落ちています。
そこで、中古マンションの内装を大きく改装するリノベーションにより、新たに付加価値を高めて再度販売することが流行してきています。

マンション自体の建替えは大変な金額が必要になりますが、マンション各室の内装やキッチン、トイレ、パスルームなどを最新の設備に交換することで付加価値を高めたり、部屋の間取りを変更することにより使いやすさを向上させるなど、最近のトレンドに合わせた部屋にすることができます。

さらに、部屋の内装は、壁紙などについて、入居者の希望に合わせて変更することができるサービスを提供するなど、入居者の好みに合わせられること自体を売りにしている業者もあります。
間取りの変更についても、世帯用のマンションの壁を撤去することにより、広いワンルームマンションへと間取りを変更し、裕福な独身者に利用しやすいようにリノベーションを行う事例もあります。

このように、中古のマンションを安く購入し、リノベーションで付加価値を高めることで効率的に利益を上げることは、有望な不動産投資先として注目されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ