北海道の不動産に海外資本の投資が活発化しています

銀座を始めとする都心の優良物件が、海外資本の投資を惹きつけている状況が続いていますが、その動きが地方にも波及しています。特に、北海道の優良観光資源に、海外資本の流入が顕著です。
最近の主流は中国資本で、以前は欧米資本による観光資源への投資が顕著でしたが、昨今の経済不安を受けて、近年はもっぱら中国資本の独壇場になっています。

国内の不動産投資熱がなかなか盛り上がらない中、日本の優良物件に対する正当な評価が海外勢によって保たれているのは好ましい状況です。一部に海外資本による土地の買い占めを危惧する向きもありますが、国内の物件、土地については日本の法律で管理されているわけですから何の心配もいりません。

むしろ、活発な投資によって市場が正常に保たれることを考えれば、国際的に評価の高い日本の優良物件が、正当に評価されて適切な値段で取引されることは経済的なメリットが大きくあります。
国内の雇用情勢が悪化傾向にある中、特に疲弊の度合いが強い北海道と沖縄への投資については、海外資本を呼び込むことが今後とも必要です。

不動産市場については、海外からの投資を呼び込むことに成功しており、適切な市場価値を維持することができていますので、今後は労働市場の開放をよりいっそう進めることで、さらに日本経済の発展に寄与することが期待できます。高齢化と少子化により、特に地方経済の先行きがよくありませんので、海外資本の導入で積極的に経済基盤を盛り上げていくことが肝要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ