大阪の不動産にはマンションが多く利便性が非常に良い都島区など、地区よって様々な特色があります。

大阪市は関西圏の中心都市として賑わっていますが、関西エリアの住みたい街ランキングでは、芦屋、京都、神戸、三宮、西宮の後塵を拝しています。
しかし、大阪市は水の都として知られ、花と緑、歴史と文化、そして芸術やスポーツに触れられる魅力から、市内の不動産物件を探す需要が増えています。

大阪の不動産の賃貸、分譲、リフォームについて、一戸建てやマンションを探す希望者が、地元不動産屋のアドバイスを得て物件を探していきます。
特色としては、北区は大阪の玄関口として、商都の代表としての都市部と古くからの住宅地を残す部分が混在する街です。

大規模な再開発事業によって複合商業施設が数々オープンし、超高層ビルが集中する梅田地区は、住みたい街としても人気があります。
京橋駅のある都島区はマンションが多く、利便性が非常に良い区として知られています。
また、放出駅、蒲生4丁目駅のある城東区も、スーパーや病院、区役所などが充実しており、住宅地として人気のエリアです。

鶴見区は緑地公園で、天王寺区は文教地区として子どものいる家庭で注目されています。
旭区は、下町としての趣きがあります。
大阪市は、2008年に市制120周年を迎え、進歩的な気風と自治の精神で、新たな街づくりを進めています。
24区内どこであっても、中心部までは車で1時間以内で行けます。

不動産の家賃は基本的に高く、安ければ狭い、分譲価格も比較的高いので、通勤重視、近隣の治安、阪神・淡路大震災の影響から耐震・免震の備えの有無ほか、様々な要素から敏感でシビアに選択がされてきています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ