名古屋においての不動産を東海・東南海・南海地震から守る

名古屋は、東海地震や東南海・南海地震の発生も危惧される現在、防災に対する備えは他人事ではありません。
東日本大震災での地震による液状化の被害も多数報告されてから、戸建やマンションなどの不動産の耐震や防災については、これまで以上に慎重かつ万全な対応が求められます。

まずは、家族みんなで、住まいや防災について話し合うことから始めましょう。
地震列島とも呼ばれる日本では、今までの経験から、地震に強い住まい、弱い住まいの研究が進んでおり、建築基準法の耐震基準も徐々に厳しくなっているので、一般に新しい住まいほど耐震性は高くなっています。

このように、住まいの耐震性については関心が高まる一方で、東日本大震災によって首都圏を襲った液状化現象によって、居住性の悪化や健康被害へと発展しました。
近い将来、東海・東南海・南海地震が起きるといわれているこの地域でも、広い範囲で液状化による危険性が予測されています。

家づくりにおいても、建物の耐震や防犯対応に目を奪われがちですが、地盤づくりも軽視はできません。
自分が住んでいる土地条件図を見たり、液状化に対応する工法も出てきているので、業者等に相談するのも良いでしょう。

このように、住まいの耐震・防災機能は進化を続け、地盤づくりも重要性を増していますが、機能に頼りきって肝心な住人の意識がないようでは元も子もありません。
そこで、来るべき災害について日頃から話し合い備えていく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ