不動産投資で注目されるアパート経営

バブル期以前の不動産投資というと、闇雲に手持ちの現金あるいは借入れした資金を土地や建物に投資して、それらの土地建物の値上がりを待って売却益を得るという手法がとられてきました。

しかし、バブルが崩壊した事で、このような手法は投資家に多くの損害も残しました。
そこで最近、低リスクで副収入が得られる不動産投資の手法として注目されているのが、アパートやマンション等への投資です。

こういった賃貸物件への投資は、年金に変わるものとして月額の家賃収入が期待出来るとされており、税金対策にもなる為、現役をもう少しでリタイヤされる方に向いています。

また、現役世代でも賃貸物件は空室のリスクが無く、安定した家賃収入が得られる前提で考えれば、物件によっては数年で家賃収入によりローン返済が出来る事が魅力です。
ローン返済中に万が一の事があっても、団体信用生命保険により残債は生命保険で支払いが清算出来るようにしておけば家族に資産を遺す事も出来ます。

アパートやマンションの最大のリスクは空室で、これはキャパシティーの大きな物件ほど大きなリスクとなります。
もし見込みが甘く、無理なローンを組んでしまっていたとすれば致命傷に至ってしまいます。

こうした投資にアドバイスをしてくれる不動産業者が最近は多くありますので、このような業者の中でもアフターフォローをしっかり行なってくれる、信用の出来るところを見つける事が投資を成功させる近道と言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ