移り住む不動産を探すならサービスが嬉しい大分の定住支援策を利用しましょう

大分県は九州地方の東部に位置し、別府や湯布院などの温泉地としても有名です。
雑誌の住みやすい田舎ランキングにおいて、1位に同県の宇佐市が、そして3位には同じく竹田市と豊後高田市の2市がランクインしています。

大分県では、定年後は郷里に戻りたい、都会から田舎に移住してのんびり過ごしたい、環境の良い場所で子育てをしたいと考える層を応援しています。

その支援策の一つである住宅支援が充実しており、大分県では使われていない空き家が1万軒を超え、そのうち3,900軒がそのままの状態で活用可能で、4,000軒の家が修繕しての再利用が可能な状態となっています。

そこで、全国の自治体でも採用されている空き家バンク制度を採用し、自治体が不動産業者の協力のもと空き家の情報を発信し、空き家を貸したい・売りたい人と家に住みたい人を繋いでいます。

豊後高田市は県内で初めて空き家を改修して安い家賃で提供する事業を開始し、2006年以降バンクを利用して54世帯121人の移住があり支援策が功を奏しました。

月1万円台で借りられる家やリフォーム費用の補助、不動産の仲介手数料に対する補助制度などの嬉しいサービスや移住者向け住宅の整備、1か月間3万円程度の家賃で空き家に住めるお試し制度など、至れり尽くせりの体制でのバックアップがあります。

登録されている宇佐市の築百年の物件は、古民家として趣味を兼ねたお店を始めるのにもぴったりな雰囲気を漂わせておりお勧めです。
このように大分県内の自治体では、空き家となっている不動産の解消と人口増を狙った定住支援策を図り成功しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ