長野市内の不動産を求めるなら都市計画マスタープランに沿った分譲地はいかがでしょうか

長野県は海に面していない内陸に位置するため寒暖の差が大きく、日照時間が長いという気候の特徴があります。
その特徴を活かした果樹栽培が盛んで、リンゴ、もも、ブドウなどの産地としても知られています。

面積は全国で第4位ですが日本アルプスなどの山岳地帯があるため、可住地面積率は低い地域です。県庁所在地である長野市内の中心部は、官公庁や企業の支店、商業施設、シティホテルなどが建ち並び、低層階の建物が連なる街並みに、居住用の不動産として高層マンションが聳え立ちます。

住宅や土地を求める場合、プロである不動産業者に仲介を依頼するのが一般的ですが、市でも宅地の開発分譲を行っています。都市づくりの将来やあるべきまちの姿を定めた都市計画マスタープランを住民の意見を反映して策定し、落ち着いた環境にある市の篠ノ井地区に「ゆとりの街」と名付け誕生させた分譲地があります。

西側は山裾や田園、果樹園が広がる穏やかな自然環境に恵まれ、東側は駅や商業施設など交通網に近接し利便性の良い地区です。

住む人々は中を流れる川のせせらぎに癒されることでしょう。
総区画数は118区画で、公共下水道や幅6メートルの道路が設けられ、団地内に1箇所、区画整理事業地内の4箇所に公園が作られています。

小学校が隣接して建ち、500メートル以内に保育園、中学校と教育環境も揃い、市役所の支所までは約1.5キロです。運動場や植物公園、運動公園、総合病院も近隣にあり、住環境としては最高と言えます。長野市内の不動産を求めるなら、このような落ち着いた環境にある場所でゆとりある生活が始められる市の分譲地はいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ