近年、不動産売買の中でも中古住宅の購入が注目されており、そのメリットについて紹介します

近年、不動産売買の中でも中古住宅の購入が注目されています。
住宅ローンやリノベーションブームなど社会的な背景と共に、住宅の購入を考える人々の志向の変化があります。

メリットとして、価格が手ごろである事、状態を確認してからの購入が可能である事などが挙げられ、価格については、通常不動産の価格は新築として発売される時が最も高く、年数の経過と共に下落する傾向が見られます。

新築住宅には、モデルルームに待機するスタッフの人件費やモデルルーム用プレハブのコスト、広告宣伝費といった販売に必要とされる諸経費が住宅の価格に加算されているケースが多いですが、中古住宅にはその様な負担はなく、土地と建物の価格のみが販売価格となるので格安で購入できます。

格安で手に入れた分、リフォームをプラスしてレトロな雰囲気に合わせてこだわりの空間を設けたり、床下収納を取り付けて収納スペースを増やしたりと、ライフスタイルに合わせてオリジナリティ溢れる住まいの実現が可能です。

また、騒音や隣家などの周辺環境や建物の状態を確認し、納得した上で決断できます。
他にも、中古住宅は幅広いエリアに多くの物件が存在しているので、自分の住みたいエリアから物件を探し出しやすいというメリットもあります。

子供がいる家庭では事前に学校を選択してからその学区内で住宅を探す事や、通勤に便利なエリアから物件を探し出す事も可能なのです。
この様に中古住宅はメリットが多く存在し、理想の住まいと出会える可能性を多く持つ不動産物件だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ