神奈川県横浜市は、他の市町村からの転居者数全国1位を誇る人気の地域で不動産物件が豊富にあります

神奈川県横浜市は、他の市町村からの転居者数全国1位を誇る人気の地域です。
不動産物件も豊富にあり、バブル崩壊後の地価の下落と企業のリストラによる都心部でのマンション用地供給によって、都心回帰の傾向が顕著になっており、中区や神奈川区、西区などのエリアが人気を集めています。

特に中心ターミナルである横浜駅周辺や、観光地としても注目度の高いみなとみらいエリアには、ここ数年タワーマンションの様な大規模なマンションが次々と建てられています。

交通アクセスはもちろん、教育施設や商業施設、医療機関も徒歩圏内にあるので利便性にも優れていますし、また、東京のベッドタウンとして、港北ニュータウンや多摩田園都市といった市の北西部は急速な人口増加を遂げています。

増加の理由として、東京都心まで30分圏内で行き来ができ、戸建てやマンションが都心の2割から3割ほど安く手に入る事が挙げられます。

街並みも整備された幹線道路は広々として緑豊かな公園が点在するので、子育て世代には暮らしやすいエリアです。そのため、マンションや土地などの不動産売買も盛んに行われています。ある不動産情報サイトによると、横浜市の平均の相場は、新築戸建のケースで4,000万円弱、新築マンションの場合で2,500万円から2,600万円が目安です。

東急東横線沿線や東急田園都市線沿線上は住みたいと希望する人が多いので、平均相場より多少価格が上昇しますが、東京都心よりは若干安価ですので、住みやすさや利便性を考えて不動産を購入するならば、横浜はお勧めのエリアと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ