不動産管理会社は入居者の募集や物件の案内、入居者にトラブルが合った際の対応など仕事は多岐に渡ります

賃貸に関する業務を行う不動産会社は、入居者の募集や物件の案内、入居の契約や入居者にトラブルが合った際の対応など仕事は多岐に渡ります。
業務内容は管理業務と仲介業務に多く二分され、賃貸不動産会社は両方の業務を行う企業がほとんどです。

しかし、中にはどちらかの業務を得意としていたり、専門で行っている場合もあります。
まず不動産管理についてですが、通常賃貸の不動産管理会社は入居者が決まった賃貸物件を管理し、維持していく事が主な仕事内容となっています。

賃貸の集金はもちろんの事、入居者からの要望に対する対応や物件のメンテナンス等を行いますが、大家自らが物件を管理・維持するケースや物件の管理・維持も委託するなど、大家とどの様な業務形態を結んでいるかによって変わってきます。

一方の仲介会社は、大家から依頼された賃貸物件の入居者の募集を行い、入居者を決定して賃貸仮契約を結ぶまでの業務を行います。
ですから、賃貸不動産管理会社の場合の主な収入源は、管理する物件のオーナーから支払われる管理手数料となり、管理内容によって手数料の金額は異なります。

仲介会社は、物件を紹介した際に発生する仲介手数料が売上になり、紹介する物件は、管理会社の場合は自社で管理している物件が仲介の対象となるので、管理戸数の多い企業を利用すれば条件に合う物件が探しやすいでしょう。

また、自社で物件を管理しているため大家も物件も熟知しているので、場合によっては大家に直接値下げ交渉をしてくれる事もあるなどメリットが大きいです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:不動産

このページの先頭へ